SPICE-Kiss

今月2回目のサザンスパイス

a0242809_9582945.jpg

カレー強化月間ですからね。 
どっぷり浸かりますよ~。


サザンスパイス

南インド料理ではよく使われる、非常に臭いスパイス「ヒング」
どんな香り、いや臭いかというと、雑巾の生乾きの臭いっ!
くっさー
めっさくっさー
でもこれが火を通していくうちに不思議とカレーの美味しい匂いに変化します。
ヒングは、アギという植物の根茎から出る樹液を乾燥して粉末にしたものです。
インドのピュアベジタリアンは、ネギや大蒜、ニラなど(所謂精のつくもの)を食べないベジタリアンがいて、
そういった方達が香り付けにこのヒングをよく使うそうです。
緑の丸マークは、ベジタリアンのマークです。
赤の丸は、ノンベジの意味になるそうです。
a0242809_958825.jpg

南インド風ナスのマサラ ごま風味
ごまを使ったカレーを食べてみたくて、レッスンのスケジュールを見てすぐに予約しました。
インドでも、ごまを使った料理はいくつかあり、南インドではこのようにマサラにしたり、北インドではナンにまぶしたりして食すそうです。(インドでは黒いものを好まないので、白ごまを使うそうです)
今回はナスを使いましたが、エビやゴーヤ、レンコンと厚揚げなどで作っても美味しいそうですよ。
ごまをたっぷり使うので、滋味溢れる美味しいマサラです。(カロリーは気にしちゃいけません!)
インドでは、カレーを大別するとカレーとマサラに分かれ、カレーは汁気が多くご飯にあうもので、マサラはタマネギとトマトを多く使いトロっとしていて濃厚なものを総称してマサラと言うそうです。
ごまペーストを買っても余らすことが多いので、これは嬉しいレシピです。
a0242809_9585695.jpg

トマト・ハップー アーンドラ風トマト入りダールの煮込み
ハップーとは、アーンドラ地方で豆を意味します。
普通ダールカレーはトマトは少ししか入りませんが、これはたっぷり入るので酸味も出て夏にはぴったりなカレーです。
a0242809_9591644.jpg

カボチャのポリヤル フェンネル風味
南インドの野菜のスパイス炒め、もしくは蒸し焼きで、北インドのサブジに相当する副菜
ここでは甘いカボチャに合う、ほろ苦い風味のメティ(フェヌグリーク)が入ります。
これは万人受け特に女性に好まれる味です。
a0242809_9592250.jpg


Labo IndiaのVol.3「Oil」とVol.4「Milk」を先生のところゲットできました!
a0242809_922874.jpg

[PR]
by spice-kissed | 2012-07-28 00:00 | カレー&エキゾ