SPICE-Kiss

Happay Wedding@Okinawa

a0242809_17564731.jpg

沖縄へ嫁いだ従姉妹の結婚式参列のため、台風が接近するこの3連休に沖縄へ出かけてきました。

沖縄の結婚式は他とはちょっと違うと聞いていたので、どんな感じになるのかとても楽しみ♪


まず初めに新郎親戚による祝儀舞踊の「かぎやで風」で幕が開けました。
このかぎやで風(カジャディフウ)は、沖縄本島で祝宴の座開きとして踊られる古典舞踊で、扇を用いたとても優雅な舞です。
その後は、色々と趣向を凝らした余興が7つ8つと続き、踊りあり、お笑いあり、小芝居ありで沖縄人の芸達者ぶりに感心しているうちに、あっという間に3時間が経過。
最後は、カチャーシーという祭りや結婚式など祝い事の締めくくりに、みんなでステージに上がって三線の音に合わせて喜びを分かち合う踊りを踊ります。
沖縄の人って、ほんと三線の音がするとすぐに踊り出しちゃうんですね!
そして普通に三線を弾ける人も多くてこれまたびっくり。
これらの余興全てが会場後方にある舞台幕付きの立派なステージで行われるですよ。
沖縄の人ってこうして小さい時からステージ慣れしているから、芸能人になる人が多いのかしら?
ちなみに新郎新婦もこのステージから登場します。


カチャーシーの踊りが終わるとステージにスクリーンが下ろされ、映像と共に招待客の名前がまるで映画のエンドロールのように流れます。その数160人 (どうりで席次表がないわけだ)

沖縄の結婚式はとても愛に溢れた素晴らしい結婚式でした♪


-------------

そして夜が近づくといよいよ台風が接近してきましたー。
そんな中、あえて近くのコンビニに出かけてみるも傘は差した途端に壊れ、一人キャーキャー言いながらコンビニまで駆け込む東京人。

傘がこんな状態だったから傘立てに入らなくて困った困った(笑)
a0242809_17192476.jpg

その後、うちの親戚の酒好きどもがホテルでじっとしていることに耐えられなくなり、
暴風雨の中、200m先の居酒屋までタクシーで移動してまで沖縄の夜を満喫する酒飲み一行。


それにしても沖縄の人はさすが台風に慣れてます。
台風でも夜遅くまで普通に営業しているお店が多く、車も沢山走ってます。
近くの大型スーパーは駐車場並んでましたよ、台風なのに(笑)

3連休に台風直撃とあっては、観光客相手の商売はあがったりになるのかと思いきや、
まずバスが運休になると、タクシーを使って買い物に出かけたり、飲みに行ったりする人が結構いるらしくタクシーは台風の時はかき入れ時!!
それと私達が宿泊していた新都心というエリアは電柱が地中に埋めてあるので、台風で停電になることがないので、停電の恐れがある地域に住んでいる人達がホテルに泊まりにきたりするのでホテルもこれまた大忙し。台風割引とかがあるらしいです。
上手い具合にちゃんと経済が成り立っているもんですねー。


-------------

さて、帰りのフライトが欠航になってしまったので、空席待ちの整理券をもらいに翌日は朝から空港へ。
前日からの欠航で空港は人・人・人の波。
この光景ってTVのニュースで他人事のようにして観てたけど、まさか自分が当事者になるとは。
TVカメラも来ており、気付けば近くで伯母が嬉しそうにインタビューを受けてる(笑)

それにしてもどこも長蛇の列で、周りから聞き漏れてくる話を聞くと羽田行きの臨時便に載れるのは早くても火曜(この日は日曜)ひょぇーーーーー。
待つことも並ぶことも苦手な気の短い父と私は、手持ちのチケットを捨てて新たにチケットを買い直すことにしたら、これまた経由便ですら満席でどこも取れない。 完全にお手上げ状態で困り果ててたら、奇跡的に翌日の朝一の羽田便に、たった今空きが出たと言ってくれた時のカウンターのお姉さんが、その時は女神に見えましたよほんとに。
しかも買い直しではなく、もともとのチケットをそのまま振り替えれると言ってくれて、今度は彼女に後光が差しているのが見えましたね、ほんとに。
他の親戚もどうにか別の日で席が確保出来て、これで一安心。

せっかく沖縄に来たのだからと、空港からそのまま海へ直行。

空はまだ曇っているけど、やっぱり沖縄の海はきれい。
a0242809_18474138.jpg

スレンダーな美人猫ちゃんも台風が去ったから外に出てきたのかな?
a0242809_1735511.jpg


色々とあったけど、とても思い出深い沖縄の結婚式の旅でした。
a0242809_1591195.jpg

お二人の末永い幸せを願って。
[PR]
by spice-kissed | 2012-09-17 18:48 | 日々いろいろ