SPICE-Kiss

Tour de 静岡③

息も絶え絶え、みんなから大幅に遅れてようやく私もお昼ご飯地点に到着~
a0242809_15223129.jpg

360度見渡す限りの茶畑の中でいただく最高に気持ちの良いお昼ご飯です。
a0242809_15231296.jpg

この鮮やかな黄色いご飯は、染飯(そめいい)といって、この地域でハレの日のご馳走として古くから食べたれいる、くちなしで染めた強飯(おこわ)です。
漢方でもくちなしは腎臓の薬とされ、農作業に疲れたお百姓さんに、疲労回復の良薬として用いられてきたそうです。
その染飯が旅人の間で評判となり、茶屋の名物になったそうです。
a0242809_15232265.jpg

お昼ご飯をしっかりと食べたら体力が回復するはずだったが、逆にどっと疲れが出て、午後はまさかの車移動。


・・・・・

やってきたのは御林茶業組合さんの製茶工場。
こちらで工場見学をさせてもらいました。
といっても今は収穫時期ではないため工場は稼働してないので、製茶工程とそれぞれの機械について説明をしていただきました。 
a0242809_15582333.jpg

摘み取った茶葉を最初に蒸気を当てて蒸していきます。よく耳にする深蒸し茶とはここで蒸す時間を若干長くします。
蒸し上がった茶葉の水分を熱風で飛ばして、その後、手もみマシーン(正式名称はちゃんとあります)を通して茶葉に仕上げていきます。 この機械が手もみマシーンの一つ。段階ごとに刃の形や大きさが変わっていきます。
a0242809_1558378.jpg

工場見学の後は、美味しいお茶の飲み比べとお手製のお茶スイーツでほっこりティータイム。 
そして究極の美味しいお茶の入れ方「氷出し」を伝授していただきました!
方法は簡単。
ティーポット(もしくは急須に)氷と茶葉を層状に重ねてゆっくりじっくりとお茶を抽出します。
茶葉には苦み渋みのもととなるカテキンや、うまみ甘みのもととなるテアニンなどが含まれていますが、
カテキンは抽出温度が低くなればなるほど抽出しにくくなり、テアニンは抽出温度が低くても抽出されるため、氷出しだと苦みを抑えた甘いまろやかなお茶が出来上がるそうです。
ちなみにカフェインも抽出温度が低い方が抑えられるそうですよ。
夏になったら試してみようっと!
a0242809_15583764.jpg

続いてやってきたのは、事任八幡宮
事任(ことのまま)とは、言葉のまま、という意味で、言葉にして発したことや、願いがそのまま実現するという素晴らしい神社です!
a0242809_1559304.jpg

こちらでは1人1人願いを短冊に認め全員一緒にご祈祷をしてもらいます。
a0242809_1613084.jpg

宮司さんが祝詞を読み上げ、神様のご守護により願い事が成就するよう祈りを捧げます。
どうか叶いますように・・・

a0242809_1613461.jpg

そしていよいよ最後の寄り道は、掛川のシンボル掛川城です。
この掛川城は過去の大地震により倒壊したままになっていたそうですが、1994年に地元の有志により再建されたそうです。
a0242809_1613201.jpg

敷地内の二の丸茶室にてお抹茶とお茶菓子をいただきました。
a0242809_161327100.jpg

今回はお茶お茶お茶(と上り坂)のお茶三昧ライド!
私は日頃からお茶を愛飲しているのですが、最近はもっぱらティーバッグばかりで、今回のライドで茶葉から丁寧に入れたお茶の美味しさを改めて再認識しました。
a0242809_16134180.jpg

そして最後の力を振り絞りゴール地点の掛川駅まで(ようやく)自転車で向かいます!(と言っても10分もない距離、ハハハ) 最後はみんなと一緒に(わがもの顔で)ゴ~~~~ル!
a0242809_16134816.jpg


今回は予想以上の上り坂で途中離脱してしまいましたが、茶畑の中を自転車で走り抜ける貴重な体験をさせてくれたPaperskyメンバーそして地元でお世話になった方々に感謝です。

来年はどこへ行くのかな?
[PR]
by spice-kissed | 2012-12-09 22:08 | Tour de 静岡