SPICE-Kiss

夏のおわり

a0242809_11371329.jpg

毎年8月下旬に行われる地域の小さな夏祭り
昼間は山車や御神輿が町を練り歩き、夜は公園で盆踊り大会
規模は小さいながらも、私が子供の頃は沢山の子供がいたので(第二次ベビーブーム世代)
公園には浴衣を着た子供達で溢れ、盆踊りコンテストなども行われるほど賑わっていました。
当時は屋台も3~4軒くらいは来てたかな。
確か初めてたこ焼きを食べたのもこのお祭りだったな。
一度だけ、風変わりなたこ焼き屋さんが来ていて、たこ焼きの上には鰹節ではなく千切りしたたくあんのトッピング。
たくあん好きの子供だった私は、たくあんのコリコリ感とたこ焼きのとろとろの絶妙な食感がたまらなく美味しくて、あれは今でも忘れられないたこ焼きの味。
大多数の人はたこ焼きと言ったら鰹節に青のりなんだろうけど、
私は断然たくあん派!
とっても一度しか食べたことないけど。
あれ以来一度もたくあんのせたこ焼きに巡り会ってないけど、いつかまた食べたいな~
a0242809_11372926.jpg

そのお祭りも時が経つにつれ、子供が減り、高齢化が進み、以前のような活気は失われ、私も高校生になったと同時にお祭りには行かなくなってしまったけど、公園から流れてくる盆踊りの音や、神輿を担ぐ掛け声などを聴きながらお祭り気分をそれなりに味わっていました。

そしてかつて御神輿を担いでいた男衆が今も変わらず御神輿を担ぎ、担ぎ手の平均年齢は今では70歳前後。(もしかしたらオーバーかも)
その担ぎ手も年々減り、最近は近隣地域の神輿連合の担ぎ手さんにお手伝いを頼むような状況。
私も過去に何度か担いだことがありますが、いやー正直すんごく大変!
若手が全然居ないから是非出てくれと頼まれ、といってもその当時既に私は30オーバー、それに一応女なんですけど・・・
他にもっと若い男どもがいるだろうに、みんな面倒なのか恥ずかしいのか出ようとしない。
女性に至っては、年頃の若い子は皆お嫁にいっちゃってるからそりゃぁいないわな。
で、結局御神輿を担ぐことになったんだけど、いくらおじさんたちが年老いて身長が縮み気味でも、
私の身長(160cm)よりは高いわけで、そうなると私は背伸びして御神輿を担ぐことになり、それがもうしんどいのなんのって。
翌日変な筋肉痛になるのよね。
それでもう止めました。私もそう若くないしね、笑

そして今年も恒例のお祭りが先週末に開催され、御神輿が家の前を通るのを2階から眺めていたら、
御神輿を先導している人が誰かに向かって「おねぇさん見てないで一緒に担いでくれよぉ、じじぃばかりで大変なんだよ」と声をかけていたので、おじさんが声をかけてた先に目をやるとそこには60才前後のおばさん。 あちゃー。 
もの凄い勢いで高齢化が進んでいる我が町。 この先大丈夫だろうか?

夜、公園にちょっと顔を出してみたら、踊っている人も少なく提灯の灯りがどことなくうら寂しいそんな夏の終わりのお祭りでした。
[PR]
by spice-kissed | 2013-08-27 23:17 | 日々いろいろ