SPICE-Kiss

最初で最後の送別会

a0242809_20225756.jpg


家族のように、いや、家族以上に濃い時間を共にしてきた会社の仲間が開いてくれた送別会は、何もかもが規格外で、湿っぽいのが性に合わない私のために、最後の最後まで大いに笑い、時にはシャウトして(!?)、最後に気持ち良く送り出してもらいました。

抱えきれない程の花束も嬉しかったけど、みんなのメッセージが詰まった寄せ書きの花が何よりも嬉しい贈り物でした。
これ、紙で出来た花びらを開くとメッセージが書かれています。
一番最初に開けた花に書かれていたのが、同僚の子供が描いてくれたカブト虫だったのはご愛嬌ということで、笑
そして中央には、私と12年もの間漫才のように戯れ言を言い合ってきた腐れ縁の相棒と並んだ阿佐ヶ谷姉妹(実在するお笑いコンビを模した)のアイコラレコードジャケット写真を社長が作って飾ってくれました。

笑いのセンスがある社長とは、私とも笑いのベクトルが同じなので、もらった瞬間に思いっきりツボに入りました。

この寄せ書きは一生の宝です。

送別会を終え、朝方家に着いたら、急に寂しさがこみ上げ、虚脱感が襲い、なんだか心にぽかんと空白が出来てしまったような気分。
まだこの気持ちに整理がつくには少し時間がかかりそう。


今週から新しい職場での勤務がスタートしましたが、いやー、いかに今までの環境が恵まれていたのかと思い知らされることの連続で、初日から戸惑うこと多し、笑
今まで、本当に自由にさせてもらえた会社には心から感謝感謝です。
[PR]
by spice-kissed | 2014-05-20 08:34 | 日々いろいろ