SPICE-Kiss

カテゴリ:Tour de 静岡( 3 )

Tour de 静岡③

息も絶え絶え、みんなから大幅に遅れてようやく私もお昼ご飯地点に到着~
a0242809_15223129.jpg

360度見渡す限りの茶畑の中でいただく最高に気持ちの良いお昼ご飯です。
a0242809_15231296.jpg

この鮮やかな黄色いご飯は、染飯(そめいい)といって、この地域でハレの日のご馳走として古くから食べたれいる、くちなしで染めた強飯(おこわ)です。
漢方でもくちなしは腎臓の薬とされ、農作業に疲れたお百姓さんに、疲労回復の良薬として用いられてきたそうです。
その染飯が旅人の間で評判となり、茶屋の名物になったそうです。
a0242809_15232265.jpg

お昼ご飯をしっかりと食べたら体力が回復するはずだったが、逆にどっと疲れが出て、午後はまさかの車移動。


・・・・・

やってきたのは御林茶業組合さんの製茶工場。
こちらで工場見学をさせてもらいました。
といっても今は収穫時期ではないため工場は稼働してないので、製茶工程とそれぞれの機械について説明をしていただきました。 
a0242809_15582333.jpg

摘み取った茶葉を最初に蒸気を当てて蒸していきます。よく耳にする深蒸し茶とはここで蒸す時間を若干長くします。
蒸し上がった茶葉の水分を熱風で飛ばして、その後、手もみマシーン(正式名称はちゃんとあります)を通して茶葉に仕上げていきます。 この機械が手もみマシーンの一つ。段階ごとに刃の形や大きさが変わっていきます。
a0242809_1558378.jpg

工場見学の後は、美味しいお茶の飲み比べとお手製のお茶スイーツでほっこりティータイム。 
そして究極の美味しいお茶の入れ方「氷出し」を伝授していただきました!
方法は簡単。
ティーポット(もしくは急須に)氷と茶葉を層状に重ねてゆっくりじっくりとお茶を抽出します。
茶葉には苦み渋みのもととなるカテキンや、うまみ甘みのもととなるテアニンなどが含まれていますが、
カテキンは抽出温度が低くなればなるほど抽出しにくくなり、テアニンは抽出温度が低くても抽出されるため、氷出しだと苦みを抑えた甘いまろやかなお茶が出来上がるそうです。
ちなみにカフェインも抽出温度が低い方が抑えられるそうですよ。
夏になったら試してみようっと!
a0242809_15583764.jpg

続いてやってきたのは、事任八幡宮
事任(ことのまま)とは、言葉のまま、という意味で、言葉にして発したことや、願いがそのまま実現するという素晴らしい神社です!
a0242809_1559304.jpg

こちらでは1人1人願いを短冊に認め全員一緒にご祈祷をしてもらいます。
a0242809_1613084.jpg

宮司さんが祝詞を読み上げ、神様のご守護により願い事が成就するよう祈りを捧げます。
どうか叶いますように・・・

a0242809_1613461.jpg

そしていよいよ最後の寄り道は、掛川のシンボル掛川城です。
この掛川城は過去の大地震により倒壊したままになっていたそうですが、1994年に地元の有志により再建されたそうです。
a0242809_1613201.jpg

敷地内の二の丸茶室にてお抹茶とお茶菓子をいただきました。
a0242809_161327100.jpg

今回はお茶お茶お茶(と上り坂)のお茶三昧ライド!
私は日頃からお茶を愛飲しているのですが、最近はもっぱらティーバッグばかりで、今回のライドで茶葉から丁寧に入れたお茶の美味しさを改めて再認識しました。
a0242809_16134180.jpg

そして最後の力を振り絞りゴール地点の掛川駅まで(ようやく)自転車で向かいます!(と言っても10分もない距離、ハハハ) 最後はみんなと一緒に(わがもの顔で)ゴ~~~~ル!
a0242809_16134816.jpg


今回は予想以上の上り坂で途中離脱してしまいましたが、茶畑の中を自転車で走り抜ける貴重な体験をさせてくれたPaperskyメンバーそして地元でお世話になった方々に感謝です。

来年はどこへ行くのかな?
[PR]
by spice-kissed | 2012-12-09 22:08 | Tour de 静岡

Tour de 静岡②

天気は快晴!
風もなくて最高のライド日和。
a0242809_15132633.jpg

出発地点は、東海道五十三次の二十三番目にあたる島田宿で300年も昔からおまんじゅう屋さんを営んでらっしゃる「清水屋」さんです。
a0242809_15135157.jpg

街道を行き交う多くの旅人に愛された名物「小まん頭」を景気づけに3ついただきますっ!
a0242809_15141087.jpg

今日の相棒はこちらのBruno君。 このタイプのハンドル初めてだ!
a0242809_15142445.jpg

最初にやってきたのは「川越遺跡」です。
東海道最大の難所のひとつと言われた大井川は、川幅が広く流れも急なため架橋や渡船が困難であったため川越えをするには、川越えのプロ川越人足に川渡しをしてもらったそうです。
川越賃銭は、その日の水深と雇う人足の人数、そして渡川方法によって値段が決まります。
一番安いのは川越人足に手を引っ張ってもらい川を渡る方法。
この方法だと旅人も川に入るので当然濡れます。
その次が、最もポピュラーだった川越人足に肩車をしてもらって渡る方法。
かた、かた、肩車って!! それも大の大人を担いで川を渡るって!!(女性も着物の裾をたくしあげて肩に乗っかたそうですよ)
なんという強靱な体力なんという精神力! 惚れるね、私だったら惚れてたね。
更にその上は連台に載せてもらい渡る方法と色々とあったようです。
a0242809_15144921.jpg

広重の浮世絵にも大井川の川越えの様子が描かれています。中央に肩車で川越えしている姿が描かれていますが、とても人間業とは思えません!(川越人足になるには15歳前後から修業をはじめるそうですよ)
a0242809_9364043.jpg

その大井川にも明治12年に木製の蓬莱橋がかかりました。(先に見える長~~い橋です)
a0242809_1515630.jpg

全長897.4m 幅2.4mの蓬莱橋は世界一長い木製の橋としてギネスにも登録されています。
a0242809_15152358.jpg

ガタガタと音を立てて進むと、その先に今回のライドの最大の難所、山越えが待ち構えてましたーー。
a0242809_1343938.jpg

橋を渡る前に聞いてはいたけど、正直ここまでの登り坂とは思わなかったよーーっ
心臓破りというよりも老化促進坂とでも申しましょうか、登り切った直後に法令線が1mm深まり3mm伸びて、一瞬ドXホルンXンクリに電話したくなるような坂でした。
きっと死にものぐるいで漕いでいる私の顔はゴルゴ13のようになっていたに違いない。

そしてようやく山を越えるとそこには一面茶畑
ここではまだ景色を楽しむ余裕はなく、渾身の力を振り絞り一枚だけ写真を撮りました。こういうところだったのね、笑。

茶畑にのっぽの送風機がいくつも立ってますが、これは茶の木が寒さにとても弱く、特に新芽が出る前の3月頃の霜に弱いため、この送風機で温かい風を送り霜を飛ばしているそうです。
a0242809_13441681.jpg

その後も更に難所(登り坂というより私には壁に見えたわ)が続き、もう精も根も尽き果てたところでようやく休憩所に到着。
この時点で私の顔はもうハニワになってましたよ、笑。
a0242809_1516252.jpg

お昼ご飯はあの茶文字の山の麓ってどんだけ遠いのぉぉぉぉぉ
もはや平らな道でも遅々として進まず、みんなとの距離がどんどん離れていくよ~~~
好発進だったものの虎頭蛇尾で終わりそうな予感のする今回のライド・・・・
a0242809_15175793.jpg


つづく
[PR]
by spice-kissed | 2012-12-05 23:17 | Tour de 静岡

Tour de 静岡①

2012年最後のTour de Nipponは、お茶の郷、静岡県でした。
a0242809_1524812.jpg

ライド前の前夜祭は、「おなかいっぱい静岡ごはん会&LIVE」@Cafe & Restaurant Tembooo
a0242809_1532149.jpg

フードクリエイターの有元くるみさんによるお料理とPepe Californiaのライブミュージックにワークショップと盛り沢山の前夜祭
a0242809_156395.jpg

まずは自分の名前を入れたカンバッチ作り
a0242809_1533687.jpg

StussyPaperskyのコラボデザイン
a0242809_1534747.jpg

ワークショップスペースにて、いつもの”不器用なのにやりたがる”病の発作が出てOjaga Designでキーホルダー作りに参加
a0242809_1541942.jpg

まず初めにロウのついた糸を通してライターの火で玉留めを作り、あとは並縫いをしていくだけの単純作業。
我ながら着々と進行しているように思われたが、どうもペースが人よりも遅い・・・・
a0242809_1542723.jpg

ようやく完成!
分かりづらいけど中には綿を詰めてます(他の人のはもっとぷっくりしてた)
周りを見渡すと糸を2種類使ったり、途中で色を変えてみたりと何だか華やかだねぇ
a0242809_1543872.jpg

もたもたしてたらごはん始まっちゃってたよー
a0242809_1551838.jpg

野菜は富士山の麓で無農薬有機栽培の野菜を育てている北山農園さんの野菜をふんだんに使ったごちそうが並びます。
a0242809_1581889.jpg

エスニック料理に定評のあるくるみさんのお料理はどれもこれも私のツボにはまりまくり。
a0242809_1584916.jpg

キッシュ間に合ってよかったー
a0242809_1585485.jpg

今回一番のお気に入り「柿とかぶのシナモンマリネ」
a0242809_159468.jpg

a0242809_15103557.jpg

目の前に広がる静岡の夜景を眺めながらの心地よいライブミュージック(夕暮れ時に山に沈む夕日も素晴らしかったですよー)
a0242809_1544382.jpg

静岡のみかんとお茶とフルーツを使ったデザートは豪華4点盛り!
食後は静岡の美味しいお茶をいただいて大満足の前夜祭でした。
a0242809_15104563.jpg


明日はいよいよライドですー
[PR]
by spice-kissed | 2012-12-03 22:12 | Tour de 静岡