SPICE-Kiss

カテゴリ:日々いろいろ( 103 )

王子に会いました♡

愛くるしい表情で多くの人を虜にしている英国王子に会いに行ってきました。ついでにいっぱい触っちゃった、アハハ。
それも東京の下町、町屋でね。

王子との面会場所は、ベンガル料理の店 Puja
いやー、王子に相応しい迎賓館とか予約できなくてすみません。
その代わり、日本式に小上がりの畳のある座敷でごゆるりとしていただきました。



一時帰国中のTanyaさんと愛息のZen君、そしてs_helgaさんと8ヶ月ぶりの再会です。
王子にはまだカレーは早いとういことで、ご持参いただいた英国産のベビーフードを召し上がっていただき、
私たち大人はベンガル料理を堪能しました。
ランチタイムにもかかわらず、ベジタリアンのs_helgaさんのために、グルテンミートのカレーを提供してくれたサービスは素晴らしいです。
そしてもう一つ驚いたのが、店主のコルカタ出身の奥さんの日本語が、1年前に来たときより飛躍的に上達していたこと。
きっと毎日お店に立ちながら、生きた日本語を身につけたんでしょうね。
オーダーの時にベジタリアンが一人いると告げると、たまねぎはOKなのかと聞いてくるところがさすがインド人です。(インドでは一部菜食主義者は、たまねぎやガーリックなども食べないので)
奥さんにも4才になる娘さんがいるそうで、Zen君のことをとても気にかけてくれ優しく接してくれるチャイルドフレンドリーなお店でした。
カレーももちろん美味しいです!
トルカリ(野菜のスパイス炒め)、魚のカレー、卵のカレーの入ったターラ(定食)
a0242809_12305624.jpg

食後、少しおねむになってきたZen君をだっこしてたら、最初は首が立ってたのに、だんだんと睡魔が襲い、頭がころんと私の首元にもたれ掛かってきたとき、んんんん?? なに、このぎゅーっとしたくなる感覚?!
これが母性ってやつですかー?(いやー、私にも少しは残ってたんだな、母性というやつが。ずいぶん昔に橋の下に捨ててきたと思ってたのに)
とにかくかわいんです、Zen君。 人見知りもしないし、ずっとニコニコとして、周りの人をハッピーにさせてくれます。
街ゆく人の多くが、一瞬立ち止まって可愛いーを連呼ですよ。
そばにいる私もなぜか鼻高々。だろー、だろー、そーやろ、えっへんってな感じで。
ここ最近、新しい職場での生活がスタートし、急な環境の変化と激務で心身共に疲れてたけど、Zen君のお陰で癒やされましたわホントに♡


食後は、根津に移動して、根津名物ジャパニーズ軒先ガーデンニングを鑑賞しながら下町散歩。
途中、まめかんで有名な芋甚でおやつタイム
まめかんの向こうにちょっと眠たそうな王子が。
a0242809_1231266.jpg


Zen王子のお姉ちゃんRose姫は、日本の幼稚園に短期入園したため、今回会えませんでしたが、次回はお姉さんになったRose姫にも会いたいな。
姫に相応しいお店探しておきます! 


久々の再会楽しかったです。
お二人ともありがとーー。 お土産もありがとーーーー。

いつかイギリスにも行きたいな、ロンドンのインド人街も気になるし。
[PR]
by spice-kissed | 2014-05-31 13:48 | 日々いろいろ

a0242809_2243234.jpg



肩で風きる 王将よりも
俺は持ちたい 歩のこころ
勝った負けたと 騒いじゃいるが
歩のない将棋は 負け将棋
世間歩がなきゃ なりたたぬ

やっぱサブちゃんいいーね!
[PR]
by spice-kissed | 2014-05-20 23:17 | 日々いろいろ

最初で最後の送別会

a0242809_20225756.jpg


家族のように、いや、家族以上に濃い時間を共にしてきた会社の仲間が開いてくれた送別会は、何もかもが規格外で、湿っぽいのが性に合わない私のために、最後の最後まで大いに笑い、時にはシャウトして(!?)、最後に気持ち良く送り出してもらいました。

抱えきれない程の花束も嬉しかったけど、みんなのメッセージが詰まった寄せ書きの花が何よりも嬉しい贈り物でした。
これ、紙で出来た花びらを開くとメッセージが書かれています。
一番最初に開けた花に書かれていたのが、同僚の子供が描いてくれたカブト虫だったのはご愛嬌ということで、笑
そして中央には、私と12年もの間漫才のように戯れ言を言い合ってきた腐れ縁の相棒と並んだ阿佐ヶ谷姉妹(実在するお笑いコンビを模した)のアイコラレコードジャケット写真を社長が作って飾ってくれました。

笑いのセンスがある社長とは、私とも笑いのベクトルが同じなので、もらった瞬間に思いっきりツボに入りました。

この寄せ書きは一生の宝です。

送別会を終え、朝方家に着いたら、急に寂しさがこみ上げ、虚脱感が襲い、なんだか心にぽかんと空白が出来てしまったような気分。
まだこの気持ちに整理がつくには少し時間がかかりそう。


今週から新しい職場での勤務がスタートしましたが、いやー、いかに今までの環境が恵まれていたのかと思い知らされることの連続で、初日から戸惑うこと多し、笑
今まで、本当に自由にさせてもらえた会社には心から感謝感謝です。
[PR]
by spice-kissed | 2014-05-20 08:34 | 日々いろいろ

おわりとはじまり

a0242809_13491497.jpg


ちょうど丸12年勤めた会社を昨日で辞めました。

気心の知れた仲間との思い出が沢山詰まった会社を辞めると決心するまでには相当時間がかかりました。
勤めていた会社は、それ以前に勤めていた会社の先輩達が立ち上げた会社で、一緒に働かないかと声をかけてもらったのがきっかけで、気付けば12年、あっという間でした。

創業者が型破りな人だったので、会社もどこか風変わりで、取引先からも羨ましがられる自由な社風は、今振り返ってみても楽しい思い出ばかりが残る会社でした。
楽しくも厳しい一番会社が成長する時期を経験出来たこと、そして本音で向き合える仲間達に出会えたことが、私の何よりの大切な財産です。
何のスキルもない私を拾ってくれて、様々な経験、勉強をさせてもらい、分不相応なお給料までいただき、何不自由のない会社生活を送らせてもらい本当に幸せな12年でした。

昨日、最後にみんなに挨拶をする時、意外にも気持ちは落ち着いていて平然としている自分がいることに自分自身驚いたけど、恐らく自分の中では、今の私がこの会社でやれることはやりきったからもう役目は終わったのだなと自分なりに納得がいける退職するには丁度いい時期だったからなのだと思う。

終わりがあれば始まりがあるわけで、私の新たな始まりは、全く異なる分野への転職です。
年末年始にスリランカに行ったとき、今まで行ったどの国よりも通じ合い響き合えるものが感じられたあの時の旅が縁で、スリランカに関わる仕事に就くことになりました。
今度の会社は、設立4年目の2人でやっている小さな会社です。
今よりもお給料もぐっと下がり、勤務地も遠く、労働時間も長く、土曜日もばっちり仕事で、大変な現実が待っていますが、今からとても楽しみで気合い十分です!


今回、転職のことを会社のみんなに伝えたとき、明らかにみんなの負担が増えるのに、快く私の背中を押してくれた仲間たちには言葉に出来ないほど感謝しています。
とりわけ、12年前のあの時に私に声をかけてくれた先輩が、40代は自分の人生を大きく変える最後のチャンスだから頑張れと応援してくれたことが何よりも嬉しかったです。
みんなと過ごした12年は私にとって何物にも代え難い最後の青春です。

これから新たなチャレンジが始まりますが、みんなの期待に応えられるよう精一杯がんばりたいと思います。

ありがとう。



冒頭の写真は、一応門出はめでたいってことで自分で自分にお祝いのつもりで海老の写真にしてみました。
[PR]
by spice-kissed | 2014-05-13 21:46 | 日々いろいろ

息抜き

ぬぅあんと!? こんな白昼堂々と!!
a0242809_1671120.jpg





こんなのも取り扱っている
a0242809_1671761.jpg



全くもって何屋さんか分かりません、笑
店の奥にはおばあちゃんの仮面を被ったディーラー(?)が。

場所は、女子に人気の谷根千エリアの根津です。
[PR]
by spice-kissed | 2014-05-02 23:12 | 日々いろいろ

女子力

a0242809_1820838.jpg

a0242809_18201451.jpg


今週のプチ感動

友人が、立て替えてたお金を返してくれる時に

こんな小粋な包みで返してくれて、
なんだか立て替えた金額以上返ってきた喜びがあった

こういう心配りをさらっとできる女性って素敵だな

[PR]
by spice-kissed | 2014-04-23 20:12 | 日々いろいろ

ダンシャッリ

a0242809_9534234.jpg


毎年季節の変わり目になると感じるのが、
着る服がない!!!
タンスはパンパンなのになぜか着る服がにゃー。
今まで気づかなかったけど、もしかして私のタンスって・・・・実は墓地?
死蔵物たんまり。
で、今年初めての墓参り。
いつもは、お墓(タンス)をちゃちゃっときれいにして終わりなんだけど、
今年はなぜか急に掘り起こしたくなってね。
で、思い切って掘り起こしてみました。
すると、きれいなお顔のまま眠ってらっしゃる方とか、
だいぶくたびれたお顔の方とか色々といる訳なんですが、掘り起こしたものをまた埋めるのもどうかなと思って、それを最近街でよく見かける大手霊園(リサイクルショップ)に移すことにしました。
霊園にもランクがあって、ブランドものや状態のいいものにしか引き取らないとこ、
比較的なんでも引き取ってくれるところ、 そして最後の最後はキロ単位で買い取ってくれるところがある。
とりあえず最初に一番高く買い取ってくれそうなところに持って行ったら、半分くらい買い取ってくれました。
締めて1万7000円。 フフフ。
そこで買い取りしてもらえなかったモノを別のお店に持って行ったら、2/3ほど買い取ってもらえましたが、値段はぐっと下がって1800円。 1軒目との落差に一瞬目眩がしましが、まぁ買い取ってもらえるだけでもありがいって思わないとなんですかね。
思わぬ臨時収入を得られることに味をしめて、当初、売るモノと捨てるモノと仕分けをしておいたが、
捨てるモノからまだいけるんじゃないかと思うモノを拾い上げて、再び同じ店に持って行くと、
やっぱり所有者が一度はゴミと判定したものは、やっぱり店側もゴミと思うらしく、4点ほど買い取ってもらって160円。 ハハハハハ。 まぁ そうだわな。

そして我が家は実はタンス以外も押し入れも墓地と化してて、そっちもちょっと手を伸ばしてみたんですよ。
そしたら出る出るわ自分でもなぜ買ったのか理解に苦しむ雑貨類。
冒頭の写真の陶器の物体、これ、tea blenderです。
自分の好きな茶葉やハーブなどを入れてくるっと回せば、あーら便利!オリジナルのブレンドティーリーフの一丁出来上がり!
って、私、全然そんなタイプの人間じゃないし。
ブレンドティーが飲みたければ、ブレンドされたものを買って飲むしタイプだし。
じゃ、なぜ買ったかというと、確かあれは会社近くにあったイギリスのアンティーク家具屋の閉店セール時に、
家具はセールになっても高いし、第一アンティーク家具が似合う家でもないし、
だけどなんか買わないと損かも(←これが金が貯まらない原因の一つ)と思っちゃって、手ごろな値段だったこのティーブレンダ―を買ったってわけ。
それから早7~8年。 一度も箱から出してなかったわ。
あと、海外で買った民芸品とか、全く使っていないキッチンツールとか、嫁入り道具一式そろってるんじゃね?と思えるくらいあるわけですよ。  
これらは欲しいと言ってくれた人のところに本人不在でお嫁に行きました。 

それと最後は漫画
結構色々とシリーズで所蔵しているけど、これも思い切ってブック〇フへ。
シリーズものはきっと高く買い取ってくれるだろう&漫画文庫だしとかなり期待して持っていたら、
私の虎の子93冊が、
後生大事に日焼けしないように色白美人に育てた我が子を
たったの6740円で買い取りだってさー。
確かに年頃は過ぎてるかもしれないけど、いくらなんでもそんな安値が付くとは・・・・(涙)
ごめんねごめんね、放置プレイの後に奉公に出すようなダメな母親で。


今回の断捨離で得た教訓
「今使わないものは(着ないものも)は買わない」
当たり前のことかもしないけど、私にはできてなかったこと。
だから貯金もないし。

もうホントに無駄遣いは止めるから。
墓地管理人の仕事も辞めたから。


キンドル買おうかな(←貯金しろよ)
[PR]
by spice-kissed | 2014-04-20 10:40 | 日々いろいろ

お土産いろいろ

a0242809_183324.jpg

友達の友達のドイツ人の旦那さん(ずいぶん遠いな、笑)からもらったドイツの薬用ハーブ酒Underberg/ウンダーベルグ。
凝ったパッケージに興味を覚えまじまじと見ていたらくれました(笑) そんなに物欲しそうな顔してたのかな私?
これ、手のひらサイズの小さな瓶で、瓶全体が紙で包まれており、その紙を真ん中辺りまで剥がして飲む作りになっているんだけど、何気に手間かかってますよね。さすがドイツっす。
しかーし、パッケージとサイズの可愛さとは反対に味の方は超強烈。
例えるならなんだろうな、仁丹をもっと劇マズにしたような味とでもいうのかな? 飲むと必ずむせるし、苦虫をかみつぶしたような顔にもなる。でも折角いただいたから1本だけは飲もうと思って、ちびりちびり咳き込みながら、でもきっと身体にいいもんだろうと信じて飲んでます、笑
なんでもこれ、食べ過ぎたときに飲むと消化を促進するとか言ってたけど、ほんまかいなー、逆に食べた物が逆流してきそうな味なんですけどー。
あ、ちなみにこれアルコール度数が44度もあります。
もしかしてドイツ人が強い酒を飲みたいが、飲み過ぎると身体に毒だから、なら身体によさそうなハーブ類を全部入れて、飲んだ事を帳消しにしようという酒飲みの魂胆で作られたとかでなくて?
いやはや、世の中にはまだまだ知らない味がいっぱいあるわ。
a0242809_18331641.jpg

明治41年創業の東京で唯一の醤油蔵キッコーゴ醤油の醤油と巾着
このセットを4人分!! 電車に乗って持ってきてくれたMちゃん、ありがとー。
巾着めちゃかわです。 醤油も楽しみだな。
a0242809_18332186.jpg

喫茶店でゆっくりお茶したいなって(あと長話もね)ときは大抵ここに行きます。
そして今日もお茶(と長話)をしに出かけたら、入り口にオーナー宅の庭で採れたミモザをご自由にどうぞと沢山摘んであったので数本いただいて帰りました。こういうサービスっていいな。
a0242809_18332684.jpg

最後は、マイベストフレンドからナイスな海外土産のエプロン。
イギリスの有名なフレーズ 「KEEP CALM AND CARRY ON」これがオリジナル。
でもここに書かれているのは・・・
CARRY ON ----------------- > CURRY ON !!!
座布団50枚!
仰せのままにいたします!


みんなありがとう♡
[PR]
by spice-kissed | 2014-03-30 20:34 | 日々いろいろ

2011年3月11日東日本大震災で被害にあった子供たちの未来のために。




2011年3月11日東日本大震災で被害にあった子供たちの未来のために。



ZAPUNI
Zapuniは世界的に著名な音楽と日本のアニメーションのコラボレーションにより、東北大震災の影響を受けた子供たちをサポートするチャリティプロジェクトです。
[PR]
by spice-kissed | 2014-03-19 22:04 | 日々いろいろ

愛の餅つき

泣く子も黙るDIYの伝道師ムッシュ匠presents「愛の餅つき大会」
今回は、ムッシュの自信作ケヤキの木で作った臼と杵の完成披露会兼初つき。

この日は生憎小雨がパラつく寒い日でしたが、敷地内にある倉庫と呼ぶにはあまりにも立派過ぎる2階建てハウスの1階部分(ちなみに2階はキッズ達の秘密基地になっている)を解放して、さらには運動会などで使われる白いテント(こんなのまで持ってるとは)まで設営されちょっとした町内会のイベント的な会場に仕上がっていました。さすが匠の手仕事は手抜かりが一切ありません。
この日は、ムッシュの家族や親戚そしておこぼれに与ろうとするハイエナの私など他、キッズ8名、大人16名での餅つき大会です。
a0242809_1354065.jpg

なんてったって匠のモノづくりには愛がありますから、大人用だけではなく、ちゃんとキッズ専用ミニミニ臼&杵も用意してあります!
この日、女子一番最年少のyちゃんもママと一緒に頑張ってお餅をつきました。 よいしょよいしょ
a0242809_13541052.jpg

外では、これまた手製の焼き芋鍋で石焼芋中。 
a0242809_13541149.jpg

餅米はこの釜でセイロで蒸し上げました。
a0242809_1354207.jpg

ムッシュが愛を込めて作ったこの杵と臼。 
その証拠にちゃんとi(=愛)の焼き印と♡型のマット。
ミニミニ餅つきセットはこのあと町内会へ寄贈するそうです。
a0242809_1401493.jpg

ここではホントいつもとてもいい時間を過ごさせてもらっています。
Sちゃんいつもいつもありがとー♡
[PR]
by spice-kissed | 2014-03-13 22:45 | 日々いろいろ