SPICE-Kiss

<   2013年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今週末はツールド!

a0242809_1004621.jpg

Papersky Bicycle club presents 自転車でにっぽんを巡る旅、その名もTour de Nippon!
2013年第一弾のにっぽんの魅力再発見の旅は・・・・

滋賀~~~~
琵琶湖~~~~
おっきいぞ~~~~

今回は2日間の日程で琵琶湖の湖畔を80km(も!)走ります!
青森、高松、大島、島根&鳥取、静岡と毎回ヒィーヒィー言いながら力の限り走り抜けてきたけど距離は20~30km前後。
それが今回は80kmまで伸びたと聞いて、正直腰が引けてしまったが、アップダウンが少ないと聞いたので思い切って参加することに!

ただ毎回ヘタレっぷりを晒す私は、今回密かに秘密兵器を用意。 フフフッ

GOLDWINのC3fit
スポーツ用の弾性ロングタイツです。
程よい着圧で運動パフォーマンスを上げて足の疲れを軽減してくれる優れものらしいので、今回のロ~~ングライドで心強い支えになってくれそう!
a0242809_1564495.jpg



レッツライド!
Tour de Shiga

その前に今から支度をしないと。
[PR]
by spice-kissed | 2013-03-28 21:20 | Tour de 滋賀

おったまげたカレー

a0242809_1582659.jpg

本格インドカレーに情熱を燃やすレトルト食品会社があると知ったのは去年の11月頃。
本場インドの味を忠実に再現するためにインドで研究を重ね、さらには無添加と原材料にこだわり完成したのが、
にしきや」の本格インドカレー ファーストステージとセカンドステージの計12品目。
昨年ファーストステージ6種を取り寄せたときのラインナップは、南北インドの代表的なカレーを取り揃えた品揃え。
01 ココナッツチキン
02 バターチキン
03 キーママタル
04 マトンパンジャビー
05 サンバル
06 チャナマサラ

この時は、小学生のときに食べたククレカレー以来の何十年ぶりかのレトルトカレーのその進化とクオリティの高さに素直に驚いたのだけど、正直リピートまではしなかった。

そして先月発売されたセカンドステージのラインナップの中に個人的に好きなポークビンダルーとラッサムが入っていたので6種お試しセットを早速お取り寄せ。
07 ラッサム
08 パラックパニール
09 チキンクルマ
10 チキンコルマ
11 ポークビンダル
12 ビーフマサラ

パッケージのデザインも色使いもとてもセンスがいいです!
a0242809_158477.jpg

一食目はポークビンダルーにしました。
a0242809_158596.jpg

・・・・・・・

なんじゃこりゃーーーーーー!

うまーーーーーーーーい!!
かなりうまいぞーーーーーーー!!

ファーストステージで少し感じられたレトルト感が今回はほぼ感じられません!!いやゼロかも。
もうこれはレストランの味です。
封を開けた時のあのヴェネガーの香りが食欲をそそります。
そしてお肉も大きくてゴロゴロ入っていて食べ応えばっちり!

続いてラッサムはというと、
これまたびっくり仰天の美味しさ!
ぶっちゃけその辺の下手なカレー屋を遥かに凌駕していますよ、これ。

まだ他の4つは食べてないけど、先ほどラッサムとポークビンダルーを5点ずつ追加発注しちゃいました!

このにしきやのレトルト技術は世界に売り込めますよ、ホントに。無添加というところがまたすごい。

セカンドステージ6種お試しセット(送料無料)は3月末まで→
[PR]
by spice-kissed | 2013-03-25 22:31 | カレー&エキゾ

工場と桜と電線

この風景もある意味とっても日本的
a0242809_16224258.jpg

桜の名所もいいけど、電車やバスの窓越しや、いつも通っている道に咲いている桜など生活の中に溶け込んだ桜を見るのが好きです。
a0242809_16225495.jpg

おまけ
ソテツとタイヤと悪相ネコ
a0242809_1623513.jpg

[PR]
by spice-kissed | 2013-03-24 19:42 | 日々いろいろ

スパイシーレインボーブーケ

a0242809_9544320.jpg

最近のインドラは新メニューが続々と登場し、以前にも増してスパイス料理の幅が広がっている感じがする!!
(過去記事こちらこちら

先月から新たにメニューに加わったパナーンは、近くのベーカリーとのコラボレーションで生まれたパンとナンを融合させた、カレーの新しい主食の形。
中でも、3種のチーズとハーブを効かせたチーズパナーンは、それだけでも美味しいのでティファン(インドの軽食)として飲み物と一緒にいただくのもありかと。

また近日新メニューとしてお目見え予定の「きのこいろいろチキンカレー」は、ホールスパイスとカレーリーフをテンパリングした風味豊かな香味油をジュワ〜とかけたご飯に合うシャバシャバ系のカレー。
この美味しさといったら罪です。
だってご飯が進みすぎちゃうんだもん。

そしてもう一つの新メニューがタンドリーチキンのピタサンド(正式名称未定)です。
先日一足先にいただいてきたのですが、ほどよくマリネされた野菜とチキンをピタパンに詰めて自家製スパイシーヨーグルトソースをたっぷりかけていただくのですが、これが顎が外れるほど美味しかった!(歯列矯正中の私には非常に食べにくいのですが、それでも食べちゃうよこれは!)
a0242809_9544215.jpg

インドラに来たらまずはこの大根サラダを食べないとね。(ピタサンドにはサラダはつきません)
a0242809_958226.jpg

ピタサンドの全貌はこんな感じになるそうです。
この日はマスタードソースも試してみましたが、私はなんといってもスパイシーヨーグルトソースが好きです。
a0242809_1075393.jpg

そして驚いたのがこのチキン!
タンドールがないのに、タンドールで焼いたようにふっくらとやわらかな口当たり。
a0242809_10111092.jpg

不足しがちな野菜はインドラで補給! 野菜のブーケだわこれは。
a0242809_19525914.jpg

この日は久しぶりにデザートもいただきました。
インドラの隠れ名デザート「フルーツカスタードwithカラメルソース」
カスタードに中にはシャキシャキのリンゴが隠れており、ラズベリーの酸味とレーズンの甘み、そしてキャラメルソースのほろ苦さが渾然一体になって何なのこの美味しさはー。
スパイス料理の後に食べるデザートとして最高です。
a0242809_1043177.jpg

今年で37年周年を迎えたインドラ。
お店同様道具にもその歴史が刻まれています。
インドラで長年活躍しているコーヒーミルは、実はスパイスを挽くのに使っています。
この一手間がカレーをより一層美味しくしているんでしょうね♪

ごちそうさまでした。
[PR]
by spice-kissed | 2013-03-22 23:28 | カレー&エキゾ

シネマ

今月はとっても映画な気分

地元に古くからある映画館では、時折新作を時期を外して上映してくれるので、見逃した映画を思い出した頃に鑑賞できてとても重宝している。
先日のアルゴもそこで観たし、昨年大ヒットした「最強のふたり」も駆け込みで観てきました。

序盤のシリアスなカーチェイスのシーンから突然Earth Wind&FireのSeptemberが流れ出した時、これから始まる物語への期待で胸が高鳴りました! この選曲は見事です。

音楽がいい映画ってずっと記憶に残ります。

個人的に音楽がとても好きな映画は、
パルプフィクション
ニューシネマパラダイス
ダージリン急行
ONCEダブリンの街角で

映画同様、今聴いても色褪せてない名曲揃いです。

a0242809_11173923.jpg


続いて「ミッドナイトインパリ
これも昨年大ヒットした映画です。
これはDVDで鑑賞しました。
「それでも恋するバルセロナ」を観るまで食わず嫌いだったウディアレン。
彼の作品を観るのはこれで2作目だけどテンポの良さとラストのオチがいい。

個人的にツボだったのが、主人公のオーウェン・ウィルソンがダリに扮したエイドリアンブロンディと絡むシーンを見て、おぉーダージリン急行の再来とばかりに一人興奮する私(笑)

a0242809_11175336.jpg

同じくウディで、以前から友達がやたらと勧める「タロットカード殺人事件」も一緒に借りてみた。
この映画、一言で言うと野暮ったい(笑)
敢えてB級に落とし込んで作っているとしか思えないし、そういった目線で見るとすごく楽しめる映画。
このあか抜けない邦題もB級ぽい。(原題は「Scoop」)
a0242809_1118543.jpg


アルゴで久々の社会派サスペンスを観て面白かったので、その流れで「ゼロ・ダーク・サーティー」を観に行ったら、これは大きくハズシました。
よくよく考えたら激しい乱戦や戦闘シーンの多い作品って得意じゃなかったんだわ、私。
巷ではやたらと評判がいいけど、目を背けたくなる拷問シーンが多く、非常に神経が磨り減る映画で途中帰ろうかと思ったけど、1800円がもったいなくて(あぁビンボー症な私、笑)結局最後まで鑑賞したら2時間40分もあって、結果私が拷問を受けたような気分に。 後味の悪い映画だったわー。
CIAのチーフ役のマークストロングの演技はよかったけど。
a0242809_1764165.jpg


ゼロダークサーティの後だから余計に楽しめたコメディ作品「人生ブラボー
------------------------
過去に「スターバック」という仮名で693回の精子提供を行い、その結果として生まれた533人の父親であることがわかった42歳の独身男ダビッド。ある日、弁護士を通じて533人のうち142人が、遺伝子上の父親の身元開示を求める訴訟を起こす予定だと知らされる。身元を明かすつもりは毛頭ないダビッドだったが、子どものうちの1人が、自分が応援するサッカーチームのスター選手であることを知ると、他の子どもたちにも興味がわきはじめ……。
------------------------

もうストーリーの設定からして面白すぎる。
でもこれ映画館でというより自宅でゴロゴロしながらのDVD鑑賞もしくは機内鑑賞向きの映画です。


ひとまず今月はもうこれで打ち止めかな。
[PR]
by spice-kissed | 2013-03-19 23:20 | シネマナイト☆

春仕度

春。
私にとって春と言えば・・・・

『着る服がなくて困るのよー』という季節でもある。

前シーズン何を着ていたのかも思い出せないし、クローゼットにも春服が見当たらない。
ん~困った。
それじゃショッピングに出掛けますか、伊勢丹新宿店もリニューアルしたことだしね!
a0242809_1295838.jpg

あらら、フロアーだけではなく伊勢丹のあのトレードマークとも言えるチェックの紙袋までもポップに大胆チェンジ!
このニューアイコンがどんな意味を指しているのかちょっと不明ですが(IsetanのIとS?う~ん、とも違うような。。)個人的にはこのデザインとても新鮮で好きです!
持ち手もネオンカラーで全体的に明るくなった印象。

肝心のショッピングはというと、気に入ったカラーデニムがサイズ25までしか作ってないと言われ(が~ん、25なんて病気で入院でもしない限り無理です私)、代わりにらくらくイージーパンツを買ってしまった(笑)おばちゃんへの第一歩だわな。
その他、今年のトレンドネオンカラーのシューズに手を出してみたり(ちゃんと履きこなせるのか私?)
春を通り越してKitsuneのTシャツを買ったり、なんだか肝心の春物(特にトップス)を調達出来てない。
たぶん毎年こんな調子だからちゃんとした春服を持ってないんだなきっと。
a0242809_1255925.jpg

そして冬の間にサボっていたお肌のお手入れのツケが、春の明るい日差しを受けて色々と浮き彫りに。。
まずは地層になっているであろう老廃物をトップシークレットのエクスフォリエイターで洗い落とし、
洗面所の奥で眠っていた炭酸ガスパックを取り出し、刺激を与えて冬眠から呼び覚まし肌も春支度。
でも本格的な春を迎えるのにはもう少し時間が必要です(汗)
[PR]
by spice-kissed | 2013-03-17 15:19 | 日々いろいろ

ちいさなワールドバザール

旅好きのオーナーさん達が世界各地で見つけてきたぬくもりいっぱいの伝統の手仕事雑貨やクリエーターさんが作る一点モノのハンドメイドの作品を集めた「集祭 Vol.1」で見つけたすてきなモノ
a0242809_22272772.jpg


ミックステイストがかわいいハンドメイドのベイビーニギニギは友達の赤ちゃんに。
メキシコ ケレタロ州に住む先住民の刺繍クロスは自分用に。
現地ではトルティージャを包むのに使ったりするそう。

フードコーナーで見つけたイスラエルの春のお祭りで食べられるクッキーハマンタッシェンという耳の形(三角形)のクッキーも買って帰りました。
a0242809_110144.jpg


東京にいながらまだ見ぬ世界への旅をした気分♪
[PR]
by spice-kissed | 2013-03-15 23:43 | 日々いろいろ

歩粉でアフタヌーンティー

a0242809_13452913.jpg

おいしい焼き菓子とお茶とおしゃべり。
a0242809_13453945.jpg

そんな午後がたまにあるとうれしい。


歩粉
東京都渋谷区恵比寿1丁目35−5
[PR]
by spice-kissed | 2013-03-13 20:42 | 日常ちゃめし

チャイ

a0242809_22231774.jpg

お友達がプレゼントしてくれた伊勢丹限定ブランドNAVARASA(ナヴァラサ)のジンジャーティーがチャイにとても合うテイストだったので、この冬は自宅でチャイをよく作りました。

シナモンパウダーをたっぷりとふりかけて。
a0242809_14371067.jpg

茶葉がなくなるのと合わせて春がやってきました。
[PR]
by spice-kissed | 2013-03-13 20:41 | 日常ちゃめし

お茶会

麗しい朱色は日本の伝統色
a0242809_14424359.jpg

皇室の副紋として使われている桐の紋章が入った盃でいただく極上貴腐ワイン
a0242809_14432058.jpg

菊の御紋が眩しすぎるー
a0242809_14444347.jpg

これらの盃は、有職故実家で近世史研究家でもある高山宗東氏の曽祖父が明治天皇から直々に賜った貴重なもの

あー、キーボードを打つ手が重いぃぃ・・・・

耳慣れない「有職故実」を辞書で調べると、”古来の朝廷や武家の礼式・典故・官職・法令・装束・武具などを研究する学問”とある。(私には別次元の世界です)

先日こちらのお茶会にいつものように軽~い気持ちで参加しましたらこのようなお宝が目の前にずらり。
そして高山氏から、日本古来の食文化や歴史の裏話、そして女子のたしなみなど興味深いお話を沢山教えていただきました。

この白くて丸いお菓子は「酪」といって仏教とともに日本へ伝わったもので、今で言うところの栄養補助食品の一種で、将軍様や大奥の方が体力作りのために食べていたとか・・
酪は乳を精製する際に生成される五段階の五味一つで、乳、酪、生酥(しょうそ)、熟酥(じゅくそ)で最後に醍醐の味に到達すると言われており、醍醐味とはつまり乳の味ということなんですって!

酪は牛乳を半日かけて煮詰めて練り上げるとても手のかかるお菓子で、高山氏が前日に半日手間ひまかけて作ってくださいました。
酪を貴腐ワインと一緒にいただくなんて、なんて小粋な演出!
a0242809_14441226.jpg

続いて高山家に伝わる有職点前でお茶をいただきました。
この有職点前とは、お作法が出来る前の茶の湯、つまり利休以前の茶礼なので決まった形式などないので(本当はあるのかもしれないけど)お茶の心得のない私もお作法を気にせずいただけます。
水点てとお湯点て(呼び名がこれで正しいのか分かりませんが)両方いただきましたがとてもまろやかで美味しい〜〜〜〜。
a0242809_1444349.jpg

高山氏はさらっと出してますが、器は南宋時代(ざっと700年ほど前)の青磁の器です。
ひょぇー こんな博物館級のものが一般市民のわたし(=ただの人)が口をつけてもよろしいのでしょうかー。
といいつつ何度も御代わりをするわたし(笑)
a0242809_1445524.jpg

この日はとってもお勉強になりました!
ももよさん、そしてみなさま優雅なひとときをありがとうございました♪
a0242809_14445445.jpg

[PR]
by spice-kissed | 2013-03-10 12:45 | 習いゴト