SPICE-Kiss

<   2013年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

zelkowaの夏野菜カレーパン

a0242809_12351229.jpg

ゼルコバの季節限定夏野菜のカレーパン
自家産の野菜がゴロゴロ入ったやさしい味わいのカレーパン。
ズッキーニ、なす、トマトが入ってました。
それとココナッツとはちみつ団子入りのパン
どちらも夏にぴったりなパンです
a0242809_12371515.jpg

バゲットは、コンテチーズとハムを挟んで黒胡椒をガリガリしてクロックムッシュにしていただきました。
a0242809_12352381.jpg

病みつきになる美味しさ!
[PR]
by spice-kissed | 2013-07-29 23:26 | 日常ちゃめし

揚げなすのよろこび

a0242809_021973.jpg

揚げなすとカレー
最高のトッピングだと思う。
さらに脇を固めるのは、素揚げしたじゃがいもとピーマン、ときどきししとう。 ここまでくると最強だー。
トマトだけはフレッシュのまま
そうすると野菜の酸味と甘みのバランスがとてもいいから
a0242809_0211733.jpg

野菜の素揚げをトッピングしたカレーは珍しくないけど、ここインドラの順さんが作る夏のスペシャリティは、ヨーグルトミントソースがたっぷりとかかった爽やかなカレーで、他では味わうことの出来ないこの夏一番のカレー。
サイドメニューにスパイスのテンパリングオイルがアクセントのにんじんのサラダを付ければ、夏の美肌ごはんはバッチリだね。
a0242809_021239.jpg

あーこの夏もカレー三昧で胃袋の休まる時がなさそうだ。
[PR]
by spice-kissed | 2013-07-28 01:27 | カレー&エキゾ

日本の夏、金魚の夏

金魚絵師 深堀隆介氏の奇跡のような金魚たち
a0242809_944353.jpg

何年か前にテレビで紹介されているのを観たとき、鮮烈な印象を受けた深堀氏の金魚の作品。
升や桶などに透明のアクリル樹脂を流し込み、硬化した表面にアクリル絵の具で金魚を描く。
その繰り返しの作業で生まれる写実的な金魚たち。
a0242809_9444991.jpg

先日、数年越しでようやく彼の作品と初対面できました。
調布市文化会館で7月21日まで開催されていた「こころの魚」展 ありがたいことに無料!
会期終了間近ぎりぎりで間に合いました。
やはり実物はTVで見るよりも圧倒的な美しさがあります。
本物と見紛うほどの細密さと妖しさに惚れ惚れと見入ってしまいます。
この涼感を誘う感じ、やはり日本の夏には金魚が合うなぁ
a0242809_9444336.jpg


ひと筆ひと筆描き入れるたびに、金魚が息を吹き込まれていくような感じがします



そういえば去年の夏は、こんな金魚を観てました 


*写真は、調布市文化会館のHPからお借りしました。
[PR]
by spice-kissed | 2013-07-24 23:06 | カルチャークラブ

カタルーニャの午後

今年お初のスイカは、スイカカクテルでした。
a0242809_21385041.jpg

この日のランチはカタルーニャ地方がテーマ
a0242809_2139066.jpg

パプリカパウダーを散りばめてレモンを添えたら
a0242809_2139723.jpg

カタルーニャランチのはじまりです。
豚のロースト アイオリソースとアーモンドソース添え
天然エビを使った魚介のパエリヤ
鎌倉野菜のサラダ
a0242809_21391678.jpg

Bon Appetit!
a0242809_21392242.jpg

デザートは、プラムが丸ごと一つ入った甘酸っぱいゼリーでした。
a0242809_21515265.jpg




有元くるみxPapersky Food trip
[PR]
by spice-kissed | 2013-07-21 07:50 | 習いゴト

お肌とからだのこと

a0242809_15172214.jpg


毎年健康診断でNG判定が出るのが、コレステロールと貧血の項目。
カレーで例えれば私の血液は、コクのあるサラサラスープカレーといったところか?
コレステロール値は、基準値を少し上回る程度なのでさほど気にはしていないが、(←いや、気にしろって)
貧血は、検査通知書に要治療と書かれているにも関わらず、長年放置していたら深刻な事態に。

深刻な事態・・・
それは・・・

ひどい肌荒れ。
ひぃー
夏なのにお肌ガザガザ。
まるで岩肌にファンデを塗るようなもの。
終いには、かゆみやヒリヒリ感も出てきて堪えられなくなり慌てて皮膚科を受診。
幸いだったのが、先生がたまたま漢方医でもあったことから、東/西洋医学の多角的な視点から診察をしてくださり、その結果、肌荒れをはじめ、以前から症状のあった倦怠感や眠気、更にはむくみまで貧血からきていることが判明。
倦怠感は貧血の主だった症状の一つとしてよく聞くけど、まさか肌荒れとむくみまでもが貧血からきているとは思いも及ばず、自分の体質を知るいいきっかけになりました。

貧血が原因によるむくみは、タンパク質不足が原因らしいので、今はせっせと肉と大豆を食べる日々。

タンパク質不足からくるむくみについてはこちらに詳しく載っています。ダイエットしてるのになかなか痩せない人は案外これが原因かも。

病院からは、鉄剤と貧血を改善する漢方2種類(恐ろしくマズイ)とビタミン類が処方され、そして塗り薬の代わりに白ワセリン(プロペト)をもらいました(写真)
この白ワセリン、肌を保護するもので特に整肌成分は入ってないそうなのですが、夜お風呂上がりに美容液を塗ってからこの白ワセリンをたんまりと塗って寝ると翌朝肌がふっくらもちもちに。(ベタベタするので夜しか使えません)

今まで西に評判の美容液があると聞けばすぐさま買い求め、東にいい保湿クリームがあると知ればせっせと取り寄せ、洋の東西を問わず色々と試してきたけど、白ワセリンほど費用対効果が優れているものは他にありません!
保険が効くというのもあるけど、数百円でこんなにもいい仕事してくれる白ワセリン、とても優秀です。

肉食生活を2週間ほど続け、夜はシンプルスキンケア(所要時間15秒、笑)にしたらようやく肌が落ち着いてきました。

しばらくお世話になりそうです、白ワセリン。
[PR]
by spice-kissed | 2013-07-21 07:48 | 日々いろいろ

アジアご飯会

a0242809_2145994.jpg

目にも涼しげな「グレープフルーツゼリーとフロマージュブランのムースのカップデザート」をまゆさんに教えてもらい、出来たてのデザートをお土産に出掛けた先はインドLoveのiちゃん邸。
『アジアン食堂iちゃん』でアジアご飯会のはじまりです~

アジアご飯会では、iちゃんの得意なアジア料理の数々をひたすらご馳走になる上げ膳据え膳の贅沢三昧なご飯会。
毎回あっと驚く日本ではあまり馴染みのない異国の料理を紹介してくれるiちゃん。
ここで初めて出会う味も多いのです。
去年のアジアご飯会で初めて食べたウズベキスタンのプロフもその一つ。
その味をすっかり気に入ってしまった私のプロフの味の基準は、本家本元のウズベクを差し置いてiちゃんのプロフです。


さて今回はどんな国へ案内してくれるのかな?


『本日のメニュー』
なすの冷菜(ベトナム)
ヤムカイダーオ(タイの目玉焼きサラダ)
カレー風味の春雨サラダ(シンガポール)
アドボ(フィリピン)チキンとポークの両方が入った豪華版
厚揚げとトマトの炒め物(中国)
a0242809_110401.jpg

そして本日のメイン
マクルーバ(パレスチナ)
マクルーバとはアラビア語でひっくり返すという意味。
炊いたご飯をお釜からひっくり返して盛りつけるのでそう呼ばれるようになったそうです。
ウズベクのプロフ同様iちゃんの作るお米料理はどれも美味しい。
a0242809_1104986.jpg

バミヤ(アラブ オクラと牛すじの煮込み)
日本ではアラブ料理はあまり馴染みがないけど、これは日本人受けする味だね!
a0242809_1105781.jpg

iちゃんのインドへの旅立ちの日が刻々と近づいているのは寂しい限りだが、
いつかiちゃんのエスニックご飯会@インドにひょっこりと顔を出す野望を密かに抱いている私である。
a0242809_25758.jpg

iちゃんの手厚いおもてなしに感謝。 ごちそうさまでした~~
[PR]
by spice-kissed | 2013-07-16 21:56 | カレー&エキゾ

夏カレー

ここ最近ランチで頻繁に食べているのが、会社近くのインドカレー屋『バンダリ』の季節限定メニューなすとトマトのカレー。
大きめに切った茄子とトマトがごろごろ入っていて、アクセントにこれまた大きめにカットされたタマネギとピーマンが入っている。
なすの火の通し加減が絶妙で、少し生っぽさを残してなすの瑞々しさが味わえるところが気に入ってます。
a0242809_22213574.jpg

全容はこんな感じ。 ナーンはハーフにしてもらってます。
a0242809_22214457.jpg

ここバンダリで必ず出てくるのがこのミントソース。
ミントと青唐辛子、にんにく、しょうがにピーマンにほうれん草。 きっとあと何らかのスパイスが入った
爽やかな辛さが病みつきになるこのミントソースで自分で辛さを調節します。
私はいつもカレーは中辛にして、ミントソースで辛さを足していきます。
そしてサラダにもこのミントソースがバッチリ合います。
a0242809_22215248.jpg

[PR]
by spice-kissed | 2013-07-11 22:22 | カレー&エキゾ

グリーンカーテン

つまりこーいうのがグリーンカーテンの元祖ってなわけですよね
a0242809_1755425.jpg

夜、家に帰ってきて、部屋の温度計が35.4度とか表示していて、
去年買ったばかりの扇風機が壊れかけていて、
DVDプレイヤーが再生ボタンしか動かなくなったのも全部この暑さのせいにしたくなる。


うちもこんな風に覆ったら少しは暑さは和らぐのだろうか?
a0242809_1755897.jpg


暑中お見舞い申し上げます
[PR]
by spice-kissed | 2013-07-10 22:21 | 日々いろいろ

スタンリーのお弁当箱

a0242809_20475191.jpg


スタンリーのお弁当箱

クラスで人気者のスタンリーは、家庭の事情でお弁当を持ってくることができず、昼休みは水道水の水で空腹を凌いでいた。
そのことに気付いたクラスメイトが自分たちの弁当を一緒に食べようとスタンリーを誘う。
スタンリーは、自分の窮状を嘆くことなくいつも明るく振舞い、また仲間たちもそんなスタンリーを助けてあげたいという思いで一緒にお弁当を食べることになったのだが、卑しい教師ヴァルマーがその邪魔をする。
実はヴァルマー自身も弁当を持ってきておらず、いつも教師仲間や子供たちのお弁当をたかっていた。
自分が狙っている子供たちのお弁当が、自分の胃袋に入る前にスタンリーに食べられてしまうと腹を立てたヴァルマーは、
弁当を持ってこない子は学校へ来る資格はないとスタンリーを学校から追い出してしまう。

自分で追い出したくせに、スタンリーが学校に来なくなったことに段々と自分の愚かな行為に気付き始めるヴァルマー。
スタンリーの帰りを待ち望むクラスメイト。

そしてスタンリーは......

日本の子供たちにぜひ見てもらいたいハートウォーミングな映画です。
ただこの映画はハッピーエンディングではありません。
インドが抱える暗い社会問題の一つに貧困ゆえの児童労働問題があり、そのことに切り込んだ社会派の要素が含まれています。

インドを旅した人がよく電車で隣になったインド人ファミリーからお弁当を分けてもらったなんていう話を聞くけど、この映画からもそんなインド人の分かち合うという内面がよく伝わってきてます。

そしてこの映画のすごいところは、子供たちには映画撮影ということを伏せて、映画のワークショップに参加してもらう形で週末に1年半かけて撮影されたことです。
だから子供たちが見せる表情は、ありのままの姿。
本当にかわいらしいです。
なのに一体いつの時点で所謂theインド人的な香ばしい人間へと変貌するのだろうか?
 

最後に、この映画はインド映画の特有の派手な踊りと歌がないってふれこみだったけど、
形は違えどインド映画の伝統はちゃんと踏襲されてます、笑


そして映画の後は、今度は私たちがカレーを楽しむ番です!
タンドール料理に定評のある『カイバル』でインドディナー

この日の一番のヒットは、かぶのタンドール。
かぶの甘さと瑞々しさがぎゅっと閉じ込められて美味しかったわ~~~
a0242809_2048855.jpg

[PR]
by spice-kissed | 2013-07-10 22:00 | シネマナイト☆

真夏のおでん

ひゃぁ、暑いっ。
夏だから暑いのは当たり前なんだけど、この猛烈に暑い中、仲睦まじく手を繋いで歩いている高校生カップルの微笑ましい姿を見て、手が離れた後のその手の行き場の方が気になるくらいのうだる暑さです。


昨日、不運にも夕立ちにドンピシャに当たっちゃったんだけど、雨の降り方が、ポツ、ポツ、ドシャーーーーって、避難する間を与えてくれないまるでスコールのような雨。それも3分くらいで止んでしまって、いやはや亜熱帯化してますな、日本。
急いで走って地下鉄の駅に入ったら通り過ぎる人みんながびしょ濡れの私を見て、「え、外、雨なの?」って驚き顔で見るわけで、私が親切にも外の状況を身体を張って実況中継したわけであります。
あー、電車の中寒かったわー
a0242809_20535541.jpg

昨日はそんな猛暑の中、友だち宅で昼から飲んで食べてのポットラックパーティー

友だちの実家は、東京タワー近くの都会のど真ん中。
築地も自転車圏内で、買い物は昔から築地か銀座のデパート。わぉ!
なんでも彼女のお家では昔から築地での買い物は食材ごとにお店が決まっていて、まぐろはこのお店、昆布はここ、おでん種はここといった具合に行きつけのお店があって、他への浮気は一切しないという江戸っ子気質のお買いものスタイル。
かごを持って築地でのお買いものって憧れちゃいます。

最寄りの地下鉄駅は、徒歩一分足らずでどこへ行くにもとても便利な立地だけどスーパーがないのが難点みたい。(なので銀座のデパ地下がスーパー代わりになっちゃうのね)
ちなみにうちはどこへ行くにも遠いけど、スーパーとドラッグストアだけはやたらある(笑)

週末のビル街は人も車も少なく、都会のど真ん中にいるのにとても静か。


この日一同から歓声が上がったのが一升瓶に入った山梨産の白ワイン(冒頭の写真)
このサイズ、酒飲みにはたまりませんね。
しかし私は見た目(?)に反して下戸なので残念なことに楽しめない。
でもこの日はグラスに3~5cmほどは飲みました。
そのほんのちょっとのお酒が効いたのか、その後、食が進んじゃってもう箸が止まらない!
もうひたすら食べる食べる。

朝、築地で仕入れてきたばかりの極上まぐろ!
a0242809_2049817.jpg

そして築地で有名な練り物の老舗つく権のおでん種がどどーんと入った豪華なおでん!
この日、初めてつく権のおでん種を食べたのですがこれがもう絶品ぞろいで思わず唸りました。
出汁も昆布と鰹だけらしいのですが、おでん種から旨味が滲み出て出汁の一滴まで美味しい。
更に冷めても美味しいので、ずっと食べてましたよ私。
a0242809_20491551.jpg

その他、採れたての夏の味覚とうもろこしや枝豆、これまた築地で仕入れた鮭で作った混ぜ寿司に、イタリア仕込みのパスタや、私もケーキを持っていったりしましたが食べる方が忙しくて写真なし。

次は冬にまたやろうってことになったけど冬の味覚も楽しみだな。 
その前にこの暑い夏を乗り越えなくてはだけどね。
[PR]
by spice-kissed | 2013-07-08 21:34 | 日常ちゃめし