SPICE-Kiss

<   2013年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

立候補

a0242809_20591829.jpg


とんでもない映画を観た。

それはとてつもなく面白い映画だった。

立候補
落選15回で日本記録の羽柴誠三秀吉、政見放送がYouTubeで150万回再生された外山恒一、会員数ゼロの政治団体・スマイル党総裁のマック赤坂ら、泡沫候補として知られる立候補者たちの独自の戦いを追ったドキュメンタリー。300万円の供託金が没収される結末になってもなお、なぜ立候補するのか。世間からは首をかしげられる彼らが選挙に立つ目的とその原動力に迫る

2011年の大阪府知事選挙に立候補した不屈の男マック赤坂の選挙活動を追ったドキュメンタリー。
私の中でマック赤坂は政見放送の異端児でしかなかったけど、この映画を観るとマック赤坂の強烈な個性とは別に、決して表には出ない現代の選挙システムがよく分かる。
同じ供託金300万円を払っても、主要政党の公認がない泡沫候補に対してメディアは一切報じない。
今もなお選挙はマスメディアに誘導された出来レース。
松井一郎(応援演説橋下徹)や安部晋三の演説に乱入した際に、群衆から罵声を浴びさせられるマック赤坂陣営の孤軍奮闘ぶりには考えさせられるものがあった。
特に、大きな日章旗を持ち野次を飛ばす安部晋三の親衛隊に一人で立ち向かうマック赤坂の息子(そう、この映画には息子が登場するんです!それがマック赤坂に似ず(?)とても好青年)の姿には心打たれました。
息子が野次を飛ばす群衆に一人勇ましく「おまえら言いたいことがあるなら、こっちに来て立って意見を述べてみろ」と必死に応戦するも、群衆は一歩も動くことなく集団というバリケードを盾に野次を飛ばすだけ。
この集団主義の日本人にありがちな行動にちょっとハッとさせられた。
マック赤坂の息子さんはなかなかいい青年だ。

この映画は、これからの選挙制度に少なからず影響を与えるような気がする。
[PR]
by spice-kissed | 2013-08-31 22:55 | シネマナイト☆

じみ飯

地味で滋味
滋味は地味
いつもカレーばかり食べていると思われがちな私ですが、やはりほっとするのは滋味ある和食。えぇにっぽん人ですから。
今週は軽い夏風邪をひいてしまい一週間鼻がぐずぐず。
身体が猛烈に丸子亭の自然薯のとろろ汁を求めていたので、会社帰りにお店のある中野ブロードウェイへ。
東海道五十三次の二十番目の宿場町、丸子宿(まりこと読みます)の名物とろろ汁と静岡の郷土料理をいただけるお店です
a0242809_2338895.jpg

自然薯のとろろはつやっつやで、むぎ飯にかけて食べると、ちゅるちゅるするするっと入っていく。
そしてここはとろろだけはなく具だくさんのけんちん汁も絶品なのです。
お汁を一口飲むと身体に野菜の旨みが染み渡ります。
a0242809_23381314.jpg


この暑さもあともう少しの辛抱だー。


丸子亭
[PR]
by spice-kissed | 2013-08-31 20:28 | 日常ちゃめし

spicy chana-puri

a0242809_11312262.jpg


今年は新作メニューが続々と登場しているインドラ(FBのページに飛びます)
先日の夏カレーは、開店以来の常連客の一人である俳優の竹中直人さんも大絶賛。
ここ最近撮影で多摩方面に来ることが多いらしく、今月は既に3回も来店して、すっかり夏カレーにハマっているご様子。
一緒に来ていた俳優の平山浩行さん(チオビタのCMの人)も竹中さんに連れられて何度か来店していて、
今ではすっかりインドラのファンになっていると思われる!うひひ (竹中さんと平山さんが来店したときの写真はインドラのFBで見れます)
そのインドラで、今度はインドでは定番のストリートフード「パニプリ」をアレンジした順さんオリジナルのスナックが出来たというので早速食べに行ってきました。

揚げたひよこ豆に、ミニサモサ、揚げポテト、それにタマネギとコリアンダーのみじん切りに爽やかな酸味のあるジャルジーラをたっぷりかけてヒタヒタにしていただきます。
この日初めてひよこ豆をそのままフライにしたのを食べたのですが、これ、止まらなくなるわー。

スターターに、お酒のおつまみに、軽食に、なんにでもイケちゃいます。


あ~美味しかった。 ごちそうさまでした~
[PR]
by spice-kissed | 2013-08-28 23:41 | カレー&エキゾ

夏のわすれもの

会社近くの某信用金庫のグリーンカーテン。
何気なく上の方を見たら
a0242809_10313250.jpg




ぬぬ



ぬぬぬぬ




ゴーヤが




ゴーヤがぁぁ




草間彌生している!!!
a0242809_10314077.jpg


エキセントリックなゴーヤのなれの果て
[PR]
by spice-kissed | 2013-08-27 23:28 | 日々いろいろ

初めての帝国ホテルでの食事はカレーでした

帝国ホテル1階の「パークサイドダイナー」にて、毎年夏に開催しているカレーフェア(9月16日まで)

メニューは2部構成で、
~8月8日
「あぐー豚ロース肉の網焼きとパイナップルのカレー」
「シーフードトマトカレーと貝入りピラフ」
「牛そぼろと夏野菜のクリーミーカレー 温度卵添え」

8月9日~9月16日
「大山鶏のタジン風カレー 十六穀米入りクスクスと共に」
「ズワイ蟹入りオムレツと小海老・チキンのドライカレー」
「ハンバーグと夏野菜トマト煮込みのカレー」

a0242809_10394259.jpg

気になっていたのは、あぐー豚ロース肉のパイナップルカレーでしたが、
タイミングが合わず、大山鶏のタジン風カレー をいただきました。
a0242809_10434063.jpg

メニューには十六穀米入りクスクスとありましたが、出てきたのは十六穀米の中にほんの少しだけクスクスが入っている程度。 
野菜とチキンの蒸し煮はかなりあっさりめで、カレーソースもどうも今一つパンチが足りない。
そこでらっきょと福神漬けを一緒に食べてみたら、あら、これがとっても合う!
そう、帝国ホテルのカレーは洋食屋さんのカレーなので、薬味と一緒にいただくのが正解なんですね。
そして私はカレーはやっぱりインドカレーが好きなんだな。
[PR]
by spice-kissed | 2013-08-27 23:28 | カレー&エキゾ

夏のおわり

a0242809_11371329.jpg

毎年8月下旬に行われる地域の小さな夏祭り
昼間は山車や御神輿が町を練り歩き、夜は公園で盆踊り大会
規模は小さいながらも、私が子供の頃は沢山の子供がいたので(第二次ベビーブーム世代)
公園には浴衣を着た子供達で溢れ、盆踊りコンテストなども行われるほど賑わっていました。
当時は屋台も3~4軒くらいは来てたかな。
確か初めてたこ焼きを食べたのもこのお祭りだったな。
一度だけ、風変わりなたこ焼き屋さんが来ていて、たこ焼きの上には鰹節ではなく千切りしたたくあんのトッピング。
たくあん好きの子供だった私は、たくあんのコリコリ感とたこ焼きのとろとろの絶妙な食感がたまらなく美味しくて、あれは今でも忘れられないたこ焼きの味。
大多数の人はたこ焼きと言ったら鰹節に青のりなんだろうけど、
私は断然たくあん派!
とっても一度しか食べたことないけど。
あれ以来一度もたくあんのせたこ焼きに巡り会ってないけど、いつかまた食べたいな~
a0242809_11372926.jpg

そのお祭りも時が経つにつれ、子供が減り、高齢化が進み、以前のような活気は失われ、私も高校生になったと同時にお祭りには行かなくなってしまったけど、公園から流れてくる盆踊りの音や、神輿を担ぐ掛け声などを聴きながらお祭り気分をそれなりに味わっていました。

そしてかつて御神輿を担いでいた男衆が今も変わらず御神輿を担ぎ、担ぎ手の平均年齢は今では70歳前後。(もしかしたらオーバーかも)
その担ぎ手も年々減り、最近は近隣地域の神輿連合の担ぎ手さんにお手伝いを頼むような状況。
私も過去に何度か担いだことがありますが、いやー正直すんごく大変!
若手が全然居ないから是非出てくれと頼まれ、といってもその当時既に私は30オーバー、それに一応女なんですけど・・・
他にもっと若い男どもがいるだろうに、みんな面倒なのか恥ずかしいのか出ようとしない。
女性に至っては、年頃の若い子は皆お嫁にいっちゃってるからそりゃぁいないわな。
で、結局御神輿を担ぐことになったんだけど、いくらおじさんたちが年老いて身長が縮み気味でも、
私の身長(160cm)よりは高いわけで、そうなると私は背伸びして御神輿を担ぐことになり、それがもうしんどいのなんのって。
翌日変な筋肉痛になるのよね。
それでもう止めました。私もそう若くないしね、笑

そして今年も恒例のお祭りが先週末に開催され、御神輿が家の前を通るのを2階から眺めていたら、
御神輿を先導している人が誰かに向かって「おねぇさん見てないで一緒に担いでくれよぉ、じじぃばかりで大変なんだよ」と声をかけていたので、おじさんが声をかけてた先に目をやるとそこには60才前後のおばさん。 あちゃー。 
もの凄い勢いで高齢化が進んでいる我が町。 この先大丈夫だろうか?

夜、公園にちょっと顔を出してみたら、踊っている人も少なく提灯の灯りがどことなくうら寂しいそんな夏の終わりのお祭りでした。
[PR]
by spice-kissed | 2013-08-27 23:17 | 日々いろいろ

a cup of chai

jaggery(ジャグリー)
さとうきびやココナッツの絞り液を煮詰めただけの自然糖で、インドでは古くから使われている砂糖。
ミネラルが豊富で、鉄鍋を使って煮詰めるため鉄分を多く含み、貧血の人(はい、わたしです)には特にいいと言われているそうです。

チャイにジャグリーを入れると美味しいよと聞いていたので、先日ビネーシュさんのお店に立ち寄ったときに試しに買ってみました。
だけどこのジャグリー、見ての通りこんな塊になっていて使いづらい。
そこでジャグリーで検索したら、アーユルベーダの料理を紹介するサイトで、このジャグリーを液状に溶かしたジャグリーハニーなるものが載っていたので、シロップ状なら使いやすいし早速作ってみることに。
a0242809_1875262.jpg

作り方は至って簡単。
ジャグリーの40%分のお水を鍋に入れて一緒に煮るだけ
詳しい作り方はこちら→ 
このジャグリー、味はとてもまろやかで甘さはそんなに強くありません。
これが砂糖本来の甘さなんだね。
a0242809_2033693.jpg

ティースプーン2杯ほど入れても甘さは控えめで優しい味わいのチャイになります
a0242809_2003085.jpg



ちょっと余談。
ジャグリーの容器には内容量が500gと表示されてましたが、正確な水の量を計るために念のためジャグリーを計ってみたら434gしか入ってませんでした。
そういえば、去年インドのゴアへ行った時に、ゴアの地酒フェニーをお土産に買って帰ろうと町の酒屋さんに行ったら、
同じ商品なのに入っている量がマチマチで、その時はてっきり店主がこっそり飲んでいるのかなと思ったけど、恐らく容器に詰める時に個人差が出るんだな。(店主のチョイ飲み説の可能性も捨てきれないが・・)
だからこのジャグリーもきっとそう。
インドでは10%の誤差なんて許容範囲のうち!
でも多く入れることはなさそうだ、笑

ま、インドだしね。
全てこの一言で片付くインド 笑


余談2
8月上旬に受けた健康診断の結果が今週届きました。
6月から7月にかけて持病の貧血が悪化し、お肌も身体も最悪のコンディションが続き、病院で処方してもらった鉄剤を飲み始めて一ヶ月ちょっと。
おまけにタンパク質も不足してると言われたので(実際は不足してるのではなく、貧血のため栄養がなかなか吸収されない)肉三昧な一か月を過ごし挑んだ健康診断。
肉々しい食生活と鉄剤のお陰で多少は体力が持ち直してきたけど、ちょっとコレステロール値が心配。
もともとハイコレステローラーだし。

結果はというと、
貧血はまだ基準値に達しておらず、まだまだ鉄剤のお世話になりそう。
心配していたコレステロールはぎりぎりセーフだったけど、
肝機能の総蛋白が基準値以下。
この総蛋白が基準値を下回るって、つまりは栄養が足りてないってことなんだけど、
あんなにも肉を食べて体重まで増えちゃっているのに栄養不足って・・・・
そこへ追い討ちをかけるように中性脂肪が去年よりも20も増加!!!
食べても食べても血肉にならず脂肪になる。
なんとも因果な体質。 トホホ
暑い上にすぐ疲れるから運動する気にもなれないし、あぁ早く貧血治んないかなー。
じゃないとこのままいったら私・・・・・・ 泣
[PR]
by spice-kissed | 2013-08-24 10:51 | 日常ちゃめし

ビネーシュさん

久しぶりにビネーシュさんに会いに東京のリトルインディア西葛西へ行ってきました。
いつも折り目正しいビネーシュさん。
両手を胸の前で合わせ「あ、おねえさんナマステ~」とちょっとオカマっぽく、そして満面の笑みで出迎えてくれました。

ちょうどインドバカンスから戻ってきたばかりだったようで、インドの強い陽射しを受けて、ちょっぴり日焼けしてました。
ビネーシュさんは震災後、インド人を含む多くの外国人が日本を立ち去った後も一人日本に残り商売を続けたとても頼もしい御仁。
年中無休でコツコツと働く勤勉家のビネーシュさんの今回の帰省は実に4年半ぶりだそうです。


ビネーシュさんのお店は、スパイスや食材の他、生活雑貨も色々と取り揃えてあり、店内を見て回るだけでもインド気分を存分に味わえます。

およよ、インドのシナモンが昆布のように売られているぞっ
日本でよく見るカプチーノの脇に添えてあるくるんと丸まった形の整ったシナモンはインドでは使いません。
インドではこの通り見たまんまの野趣あふれるシナモンスティックを使います。 
a0242809_21545734.jpg

几帳面なビネーシュさんの性格がよく表れている隅々まで整頓された店内で、私の目に飛び込んできた光景、それは・・・・
ブラウンカルダモン(ビッグカルダモン)を選り分けゴミが入ってないかチェックして
a0242809_2154673.jpg

さらにはヒゲをハサミで切り落とす。
そしてお客さんが買いやすいように50gずつ個包装。
これぞジャパンクオリティー!!
恐らく日本のインド食材店でここまできめ細やかに丁寧な仕事をしているのはビネーシュさんだけでしょう。
だから日本人にとっても安心して買い物のできるお店です。
a0242809_2153554.jpg

そしていつものようにチャイを入れてくれた後に、今回はパパドを焼いてくれました。

おっとー、出ましたよ素手トング!
さすが手食で鍛え抜かれたインド人の手。
熱湯好みの江戸っ子の私でもさすがに自前の素手トングはなかなか使いこなせません。
a0242809_21542212.jpg

ちょうどいい焼き加減。 
なぜかいつもより数段おいしく感じるパパド
a0242809_21544621.jpg

ちょっと遠いけど買い物がてらまた遊びにいきます。
ビネーシュさんありがとう
[PR]
by spice-kissed | 2013-08-24 10:08 | カレー&エキゾ

檜原村のお土産

檜原村で買ったルバーブ
a0242809_2335583.jpg

村のおかあさんが、ルバーブジャム簡単なのよって作り方を教えてくれたので、初めてのルバーブジャム作り
a0242809_23351520.jpg

あれ、想像していたのとちょっと違う仕上がり。 
a0242809_12261648.jpg

そう、完全に煮詰めすぎ
なぜって?
最初はじっと鍋を見ていたけどなかなかルバーブが崩れないし水も一杯出てきたから、
これなら少し離れても大丈夫だろうなと思って、洗濯物を取り込んだり、シーツをセットをしたりして戻ってきたらこの通り。
ルバーブって崩れるまでは少し時間がかかるけど、崩れたらあっという間なんですね。
でもこれ、最近よく食べてるブルガリアの水切りしてあるヨーグルトと合わせるとちょっとしたカップデザートっぽくなってこれはこれでおいしい。
次回はもっと赤いルバーブを使って、少し形が残る感じにしよっと。 そして鍋から離れちゃダメ。

***

もうひとつ檜原村の特産品のじゃがいもも一緒に買いました
a0242809_23353784.jpg

そのじゃがいもを最近気に入っている黒ひよこ豆とあわせて
a0242809_23354689.jpg

アールーチャナチャット(ケチャップバージョン)
a0242809_12195923.jpg

そして残りは、パオバジにしました。
a0242809_2159489.jpg

パンはリーンなインドパンに近いこちらのレシピのもので。
パオバジとも好相性でした。
a0242809_2212660.jpg

[PR]
by spice-kissed | 2013-08-20 22:41 | 日常ちゃめし

東京で避暑

東京の西のはずれに位置する森林と渓谷に囲まれた檜原村
東京といったらどこへ行っても人・人・人で溢れているのに、あったんですねぇ、こんなに静かで高原のような清々しい風が吹くところが。 それもうちからそう遠くないとこに。

檜原村がどれくらい静かなところなのか数字で表すと
東京都の人口 1,323万人
23区の人口  898万人
檜原村の人口 2,500人
----------------------------- 
東京都の面積 2,188k㎡
23区の面積  622k㎡
檜原村の面積は、105k㎡(このうち93%が森林!) 

なんと23区内(東京都の総面積の3割弱)に東京の人口の7割弱が集中!!! ヒィ 

ついでに東京都の人口密度Top3の発表(私って相当暇人だな、オイ)
豊島区  22,052人/k㎡
中野区  20,128人/k㎡
荒川区  20,056人/k㎡
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
さて檜原村はと言いますと
泣く子は黙ることなく思いっきり泣き叫べばいい、驚異の人口低密度23人/k㎡  

***

そんな東京の秘境檜原村までドライブ
檜原村へ入ったらクーラーなんていりません。
窓全開で走れば、ひんやりとした風が入ってきて最高にきっもちー。
a0242809_21121781.jpg

日本の滝百選にも選ばれた払沢(ほっさわ)の滝(冬になると結氷するそうです)
ああ~夏の間、ずっとこのマイナスイオンが充満した滝の前で滝風に当たっていたい~
a0242809_2102100.jpg

車を更に西へと走らせ山道をぐんぐん登っていくと、築200年以上の大きな兜造りの家が見えてきます。
お昼は、ここ三頭山荘で天然の川魚と山菜料理をいただきます
a0242809_20545391.jpg

敷地内を流れる沢の水を貯めた池で泳ぐ山女や岩魚
三頭山荘では、お米以外の食材はほぼ自家栽培&自家製
檜原村の特産は、じゃがいも、こんにゃく、まいたけ、山菜と山のごちそうがいっぱい採れます。
a0242809_20551889.jpg

直前まで池で泳ぐ魚たち
a0242809_20552711.jpg

おすすめの檜原で育った天然の山女をいただきましたが、これが肉厚ぷりっぷりでとても美味!
a0242809_20553721.jpg

山菜は、こごみ、菊、またたび!(初めて食べた)、みょうが、それとズイキなどをいただきました。
その他に、こんにゃくのお刺身に野菜の煮物やまいたけの天ぷらと昼からかなり盛りだくさん。
a0242809_20554575.jpg

食事の間この縁側から入ってくる涼しい風が気持ちよくて気持ちよくて食べながらも眠たくなってしまう。
ああ~ここでスイカとか食べながら昼寝したら最高だろうなー。
a0242809_23223243.jpg

ここにいると子供の頃のおばあちゃん家で過ごした夏休みを思い出します。
おばあちゃん家にも縁側があって、よく縁側で遊んだり、とうもろこし食べたり、宿題しながら昼寝したり(つまり宿題はしてない、笑)と縁側には色々と思い出が残っています。

***

さてと・・・

縁側に後ろ髪をひかれつつも、そろそろ次なる目的地三頭大滝へと向かうことにしますか。

三頭大滝までは、三頭山荘から車で約10分ほどで到着します。
この辺りは、森林公園が整備されていて滝までは駐車場から約20~30分ほど歩きます。
スタート地点に心臓破りの急勾配の登り坂がありますが、その先はウッドチップが敷き詰められた遊歩道が滝まで続いていて森林浴しながらのハイキングが楽しめます
大滝の前には吊り橋がかかっていて橋の上からの滝観賞。
このあたりは標高が1000m以上あって橋の上を吹き抜ける風がとても爽やか。
この日のこの辺りの気温は23~4度でした。

帰りは再び三頭山荘に立ち寄り、展望露天風呂に入って、さぁこれで縁側で寝る準備完了、ではなく、さっぱりとして家路につきました。
a0242809_23225368.jpg

檜原村とってもおすすめです!
a0242809_21105540.jpg

[PR]
by spice-kissed | 2013-08-19 23:29 | あど街っく