SPICE-Kiss

<   2013年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

油ニモマケズ

肉ニモマケズ埃ニモ深夜ノ騒音ニモマケヌ丈夫ナカラダヲモチ今日モ元気ニ印度デカレー三昧

ある日の夕飯は六種類のチキン(MURG)カレーの食べ比べ
a0242809_2585545.jpg


とあるインド人のご家庭で頂いたウェルカムドリンクは、目の覚める鮮やかな水色の液体。
みな一口飲んで静かにグラスをテーブルに置いた。
a0242809_323529.jpg


安心かつ落ち着いて用を足せるはずのホテルのトイレが、デカいパンジャーブ人用の規格サイズなのか便座が高くて足が床に着かず逆に落ち着かない。
a0242809_353058.jpg


ホテルのドライヤーのスイッチがバカになっていて風が出たり出なかったりで苦戦していた時に、なぜかコンセントに近づくと連続送風になり、少し離れると切れることを発見した2日目の朝。
[PR]
by spice-kissed | 2013-10-29 23:23 | インド食い倒れツアー2013

ケーララ祭り

オーナム祭は、千数百年の伝統があると言われている南インド・ケーララ州の最大のお祭りで、そのお祭りを日本でもやっちゃおうー@カフェスローに先日出掛けてきました。
a0242809_2394858.jpg

入り口には、古代インド神話に登場するアスラ王マハーバリを迎え入れるための円形の花飾り「プーカラム」も
a0242809_1023862.jpg

テーブルの上にはバナナの葉っぱ
a0242809_2310596.jpg

そして
この人がいて
a0242809_23101450.jpg

この人がいるということは・・
a0242809_23102342.jpg

そうマサラワーラーによるケーララのご馳走食べさせられ放題です!
a0242809_23103128.jpg

壮観!
この日の料理は、ケーララの伝統的なお祝い料理「サディヤ」です。
メニューはざっとこんなこんな感じです。

どか盛りごはんx2
キャベツのトーレン(炒め物)x2
カボチャのティーヤム(焦がしココナッツとかぼちゃの炒め物)x1
アヴィヤル(ココナッツとヨーグルトと野菜の煮込み)x3
ほうれんそうのココナッツシチューx1
ラッサム(酸味のある胡椒の効いたスープ)x2
ネギノウールガイ(スパイスオイル漬け)x3
サンバル(豆と野菜のスープ)x3
メドゥワダ(豆の揚げ物)x1
ココナッツチャトニx1
インジブリ(しょうがとタマリンドのチャトニ)x3
アッパラム(揚げせんべい)x3
数字はお代わりした回数というかどんどん盛られていった回数、笑
a0242809_23104213.jpg

もちろん手食です。 私は途中でスプーンに切り替えちゃったけど、みんな手食慣れてますねー。
a0242809_23105071.jpg

大満足のご馳走の後は、ライブステージ観賞です。
踊りに歌に太鼓にとケーララの伝統芸能をたっぷり2時間弱。
日本では需要の少ない外国のそれもマニアックな分野の伝統芸能に身を投じる日本人がいることに内心いつも驚いています私。

そして最後は、プリカリと呼ばれるケーララの虎踊りの虎に扮したマサラワーラーからお土産のパヤサム(極細パスタのミルク煮のデザート)を受け取り太鼓腹を抱えて家路につきました。
a0242809_23105866.jpg



いやー、ある意味限界に挑戦っていうくらい食べた。
翌日の昼過ぎまでずっとお腹いっぱい。

でも、インドに向けていい予行練習になりました!

ということで、土曜日から1週間ほどインドでカレー食べてきます。


がっ、

だのによりによって台風めっちゃこっち向かってますけど?
それも2つ仲良く。


でも聞くところによると、日本の空港の駐機料はべらぼうに高いから、フライトが1日遅延するだけでも損失は大きいので、よっぽどなことがない限り気合で飛び去るらしい。

その気合いに乗った!

さてと支度しないと。
[PR]
by spice-kissed | 2013-10-23 19:55 | カレー&エキゾ

昭和ノスタルジー散歩

インドラで出逢った平成生まれの21歳 美大生女子。
自分が生まれる前の昭和に思いを馳せる彼女は、昔ながらの古い喫茶店で珈琲を愉しむのが趣味のモダンガール。
一方、昭和にどっぷり片足を突っ込んでいるアラフォーの私もやはり昭和に郷愁を抱く昭和のくノ一(の端くれ)
親子ほども年の離れている昭和ラバーの2人で、先日ノスタルジー散歩をしました。
場所は東京の下町向島。
まずは向島の料亭街の一角にある昭和33年創業の喫茶店カドで軽食ランチ。
マスターが焼くパンは、ちょうどお昼ごろに焼き上がります。
焼きたての香ばしい匂いに誘われ、くるみ&チョコレートのクグロフ型のパンを持ち帰りでお買い上げ。
a0242809_2125488.jpg

カドのマスターに昭和のムードを色濃く残す向島をこれから散歩すると告げると、スカイツリーができるまではこのあたりの町並みもよかったけど、スカイツリー開業で古い建物がどんどん取り壊され、昔の名残はだいぶなくなってしまったと嘆かれ、軽く出端を挫かれましたが、とりあえず歩くことに。

でも、ほら。
こーゆう注意書きですらベッドタウン育ちの私たちには十分物珍しい。
a0242809_21255994.jpg

ん? こーいう乗り物も通行禁止ですよね?
現役ってのもすごいけど。
a0242809_21261126.jpg

歩いてみると確かにマスターの言うとおり、新しい建物がちょいちょい目立ちます。
実際生活するとなると、新しい方が何かと便利で快適ですよね。

でも、ところどころ往時をしのばせる商店や住宅がまだちゃんと残っていましたよ。
それにしても向島界隈ってやたら自転車が多い。
一家に4〜5台とか置いてあるのはザラ。
歩行者よりもチャリ族が多い。
おじいちゃんもおばあちゃんもチャリに乗ってます。
子供も元気良く遊び回っています。子供が沢山いる町ってなんかいいな。
私の住んでる町は、アラフォーの私が若手の部類に入りますからね。 いつも近所のおばちゃま達に若くていいわね~って言われてますのよあたくし、オーホホホホ。
a0242809_21262961.jpg

おや、ひばりさんっ! それも随分とお若いころの。
a0242809_2126519.jpg

その警告ちょっと解りづらい
猛虎ファンも入るんですかね、それに?
a0242809_21265926.jpg

東向島の駅には、引退した列車をどど~んと展示。
このお顔なかなかのハンサムです!
a0242809_21271622.jpg

向島には江戸末期創業の老舗和菓子店がいくつかあります。
そのひとつ言問団子で一服。
a0242809_2126224.jpg

その後、場所を浅草方面へ移し、ちょうど道具まつりが開催されていた調理道具問屋街の合羽橋で、食品サンプルのお店などをのぞきながら浅草までぶらぶらして、最後は浅草から上野まで歩いてフィニッシュ!
いんやー、歩きましたね-。
たぶん2万歩は軽く歩いたんじゃなかろうか。
ま、途中迷ったりしたっていうのもあるけど...
実は私、方向音痴という不治の病に侵されていましてね、なのにMちゃんに向島を案内するとペロっと言っちゃって、自縄自縛もいいところ。
だから相当頑張りましたよ私。事前に向島界隈の地図を頭に叩き込み、シミュレーションして持てる力の全てを出し切りどうにか向島はやり遂げたんだけど、やはり奇跡は2度は起こりませんね。合羽橋に着いた頃には私の脳内磁石が壊れちゃったというかある意味通常営業に戻ったってことなんですけどね、スマホのGPSオンなのに、迷う迷う。
ということで途中から地図を見ることを投げ出し、先導することすらも諦め、Mちゃんに任せっきり、笑。
私がここへ行きたいというと、ちゃちゃっと地図を見て迷わず連れて行ってくれんですよね。 頼れるな~


 
なにはともあれ健康的で楽しいお散歩でした。
[PR]
by spice-kissed | 2013-10-21 22:42 | あど街っく

Haruca Yamamoto@AKITEN

a0242809_2316172.jpg


『街の中にひっそりとたたずむビルや、人通りを失ってしまった商店街。
人々の賑わいと反比例して増えていく空きテナントを、 絵画、彫刻、写真、インスタレーションなど様々なジャンルの アーティスト達が自らの作品を彩ってゆく。
"AKITEN”は、八王子駅周辺の空きテナントを アートギャラリーとして活用し、アート作品を楽しみながら街を巡り、 空きテナントを抱える商店街にも人々が足を運ぶ仕組みを構築する地域に根ざしたアートプロジェクトです』

独特なおとぎの国の世界観を持つはるかちゃん。
そこへ一歩足を踏み入れると、誰もがはるかちゃんが思い描く架空の世界の住人の一人になれます。
場所は、老舗のお茶屋さんの旧事務所のかなりしぶーい建物内の階段を上りきったところ。
扉が見えたらそこが現実と幻想の境目です。
a0242809_23161591.jpg

タイトル「この胸の痛み」 
a0242809_23171478.jpg

タイトル「毎日の習慣」
a0242809_23174628.jpg

庭の水やり当番は、こちらのおさるさんです
a0242809_23175420.jpg

彼女の制作現場のミニチュア
a0242809_2318511.jpg


紹介したのはごく一部。
その他にも沢山の作品が展示されています。

AKITEN開催期間

The first session
10.18[FRI] → 10.20[SUN]

The second session
10.25[FRI] → 10.27[SUN]

http://www.akiten.jp/

Yamamoto Haruca website
[PR]
by spice-kissed | 2013-10-20 00:04 | カルチャークラブ

ヨネギーズさん

a0242809_1602522.jpg


知人から米子にふるさと納税をした際に贈られる記念品の一つ、米子のイメージキャラクター『ヨネギーズ』がプリントされたセロテープをいただきました。

米子の特産白ネギをモチーフに、YONAGOの頭文字「Y」をデザインしたヨネギーズ

お父さんネギがネギ太で、
お母さんネギがネギ子、
その子供はネギポ

そこに、強気な性格で気弱になりがちなネギ太をいつも励まし続け、いつか立派なカシワの木になることを夢みているどんぐりの柏木さんが加わりヨネギーズを結成。

昨今のゆるキャラブーム、まさにゆるきゃら戦国時代ですなー。

姪っ子にあげたら喜んでました。


ヨネギーズさんの詳細はこちら---> ねぎぼーず
[PR]
by spice-kissed | 2013-10-19 12:10 | 日々いろいろ

do-do

a0242809_2215361.jpg

a0242809_222065.jpg

a0242809_2136235.jpg

a0242809_2221913.jpg

a0242809_2292943.jpg



知らないと通り過ぎてしまう半地下の目立たない小さなお店

Curry&Music 『ドードー』

ぷちぷちの玄米でいただくタイのグリーンカレー、おいし♪


東京都日野市多摩平1-5-12 タカラ豊田ホームズ104
042-582-3750
[PR]
by spice-kissed | 2013-10-16 23:11 | カレー&エキゾ

たまには・・

カレー以外のものも食べるんです@サンフランシスコピークス
a0242809_17264651.jpg

この日はMPと。
MPとは実家は3軒隣り、おぎゃーと生まれたのも2か月違いで、年齢イコール、つまり39年来の親友。
その彼女のたっての希望で、パンケーキ&フレンチトーストをたらふく食べました。
というのも、彼女は今妊娠6か月。
辛かったつわりも治まり、食欲全開期に突入!
出産までの間、食べたいものは片っ端から食べまくると張り切っています。
a0242809_17265429.jpg

思い掛けず妊娠が発覚し、39歳で初産&結婚のダブルおめでた!
39年もの間柄だと、互いの体のホクロの数まで知ってるぜとまでは言いませんが、それでも相当知り尽くしているので、家族のようなもの。
だから彼女から知らせを聞いたとき、もう一人姪っ子(か、甥っ子)が増えたような気持ちに。
年齢のこともあり不安はあるだろうけど、ふたりを選んでやってきてくれた子供のためにお母さんがんばらないとだね!

39年目に小さな奇跡を宿したMPに、もう一つ驚きの新事実。
39年間ずっとAB型だと信じて、母子手帳にも書いてあるその血液型をずっと信じてきたのに、
ここにきて血液検査をしたらなんとB型と判明!
医者には、母子手帳に書いてある血液型はあまり当てにならないとバッサリ言われたらしい、笑


めんそーれ、B型ワールド。
てか、私たち血液型も一緒だったんだね、笑



元気な赤子が生まれますように。
[PR]
by spice-kissed | 2013-10-16 23:03 | 日々いろいろ

地獄でなぜ悪い

a0242809_10152469.jpg


観終った後に、『あー、おもしろかったー』って言葉が5回くらい連続で口を衝いて出てきました。

地獄でなぜ悪い

やくざの組長(國村隼)が愛妻の夢をかなえるため、娘(二階堂ふみ)主演の映画製作を決意。曲折を経て、映画監督志望の青年(長谷川博己)率いる自主映画製作集団と共に、命がけの実録映画作りになだれこむっていうやくざ映画なんですが、おもいっきしコメディです。


正直前半はちょっとダレ気味だったけど、中盤以降の展開のハチャメチャ度合が半端ない。
むしろあの前半のダルさがあってこその盛り上がり。

やくざ同士、日本刀でバッサバッサ斬りこんでは、腕やら首が吹っ飛び血みどろなんだけど、それが全然嫌じゃないの、痛快で面白い。
観ていて、あ、そうかこれってドリフの笑いに通じるものがあるんだなって思った。

キャスティングも素晴らしいです。 どの役柄も見事にぴったり、どハマりです。
中でも、のび太君を地で行くような星野源が最高に良かった。


この映画、飛行機の中で観なくてよかったわー。
飛行機の中っていつもより多めに笑ってしまいません? きあつのせい? それともわたしだけ?


今年観た映画の中で今のところ一番面白い映画です。
[PR]
by spice-kissed | 2013-10-13 22:07 | シネマナイト☆

インドボーイズ

インドが好きで、インドカレーも好きで、いつも作りすぎちゃうから、だったら食べたい人を集めて食べてもらおう!そしたらもっといっぱい作れちゃうぜ!がコンセプトのインドユニット「マサラワーラー
カメラを向けるとこの通り、インド人並みサービス精神でキメキメのポーズを構えてくれるノリノリのボーイズっていうか青年っていうか、こう見えて実は礼儀正しい壮年のアダルトなお二人。 ナイス!
a0242809_22553160.jpg

先日のナマステインディアの会場で、渡辺先生率いる我々のテーブルに突如乱入してきたマサラワーラーのお二人。
それまでマサラワーラーの名前は聞いたことはありましたが、実際お会いしたのはこのときがはじめて。
この時も相当ノリノリでしたね。


そして先日とあるイベントで初めてマサラワーラーのカレーをいただくことに。
a0242809_225684.jpg
 
実はこのイベントにはもともとカレーが付いていて、希望者のみプラス500円でマサラワーラーのカレーが食べ放題になるシステムなんです。
なので既にカレーを一人前食べてからのマサラワーラーのカレーです。
炒め物やカレーなど10品目以上がずらりと並びどれもこれもおいしそう!
ウプマ(セモリナの炒め蒸し)もその場で出来たてを盛り付けてくれます。
えぇもちろん全種類いただきましたよ。 
a0242809_22561920.jpg

このイベント「印度百景」は、進行役2人の他に毎回インドにゆかりのあるゲストを呼んでひたすらインドトークを繰り広げるカレー付きのトークイベントで、今回で13回目を迎えるそうです。私はこのときが初めて。

この日のトークで一番興味深かった話題は、インドからぐっと東に行ったところにある アンダマン・ニコバル諸島について。
インドからこんなにも離れているけど、歴としたインド領。
コルカタやチェンナイあたりから飛行機が飛んでるらしい
なんでもゾウと一緒に泳げるらしいですよ、ここで。
ゾウと一緒に泳ぐ趣味はありませんが、インドの秘境、興味あるなー。
a0242809_13251033.png

[PR]
by spice-kissed | 2013-10-13 22:05 | カレー&エキゾ

オレンジエイド

a0242809_22595167.jpg



暑い。
軽くそうめんでも流したくなるような陽気が続いています。

一応暦の上では秋なので、どんなに暑くてもみなさんちゃんと秋の装いしてますよね。
私もそうしたいんだけど、朝からこうも暑いとつい薄着で出かけてしまう。

だけどね、私、こう見えて実は人一倍寒がり屋。
平熱も35度台だし。
血圧なんて上は90以下で、下は60以下。
おまけに貧血持ちで血の巡りも悪いと言われ、この間の健康診断では低蛋白と診断されちょっとした仮死状態のまま今日まで生きてきたって感じです。
だからと言って暑さに強いのかと言うとそーいうわけではなく、人並みに暑いです。


その私が薄着で丁度いいのだから、みなさんのその秋っぽい服、相当暑いですよね?
今日なんてUGGのブーツ履いている子を見かけたけど、どんだけ季節先取りなの?


しかし、それはあくまでも屋外での話。
電車の中では、断然秋組の勝ち。
もうJRが季節外れの暑さで車内に急病人が出ないように、ガンガン冷風送ってくるの。
無防備にさらけ出された私の腕は瞬く間に鳥肌が立ち、つり革を持つ腕が鶏皮みたくなってるの。
それでも電車はまだ人が多いから人の温もりで若干救われている。
それに比べバスときたら客席に冷風が吹き荒れてるの。ちょっとした嵐が丘状態。
冷房の風を送ることが最高のサービスだと思っている東南アジアみたくなってる。

だから出来る女子は、ちゃんと冷房対策でカーディガンやストールを持って出かけますよね。

人一倍寒がり屋で冷え性の私は当然あらゆる寒さ対策グッズを持って出かけてるかっていうと、これが39年間忘れっぱなし。
ほんと、全く学習してません。
毎年冷房とガチンコ勝負。

なのでせめて身体の中に入れるものは温かいものがいい。

これ、100%のオレンジジュースを温めて、オレンジエッセンスを垂らした、ホットオレンジジュース。
暑い日にさっぱりしたのが飲みたいけど冷たいのはちょっとっていうときにぴったり。

一度飲んだら病み付きになっちゃいました。


ギオン (gion)
東京都杉並区阿佐谷北1-3-3
[PR]
by spice-kissed | 2013-10-10 23:30 | 日常ちゃめし