SPICE-Kiss

向島花街の角で・・・

向島の花街の一角にひっそりと佇む生ジュースとくるみパンの専門店「カド
a0242809_2336354.jpg

扉を開けるとそこはレトロモダンな別世界。
a0242809_23365039.jpg

昭和33年に開店したカド
設計は作家の志賀直哉の弟の直三氏の手によるもの。
ここは視覚で楽しむ空間なので音はありません。
カウンターの照明は欄間からヒントを得たのでしょうかね?
a0242809_23365973.jpg

メニューは昔から変わらず、生ジュースと自家製くるみパンを使ったサンドウィッチです。
今でこそ珍しくないメニューですが、当時は相当ハイカラだったでしょうね。
昭和の頃は、文化人や知識人の社交場として、あらゆる人々がここで思い思いの時間を過ごしていたそうです。
そして料亭の席が空くまで「カド」で待っているというお客さんも多く、席が空いたらカドに呼びにきてもらう中継ぎの場所としても使われていたという変わった一面も。当時は花街も相当な賑わいだったんですね。
a0242809_23371496.jpg

生ジュースは、アロエ、セロリ、パセリ、グリーンアスパラガス、レモン、りんご、はちみつ入りの優しい味。
a0242809_23372195.jpg

マスターが毎日店内で焼き上げるくるみパンは、それだけを買い求めにくるお客さんもいるほど。
私もシナモン入りのくるみパンをお土産で買って帰りました♪
a0242809_23373398.jpg

本当に角にあるんですね。
a0242809_23374299.jpg

昭和びとの私にはこういった独特な昭和の趣があるお店の方が落ち着くな。
a0242809_23374930.jpg

[PR]
by spice-kissed | 2013-02-05 23:17 | あど街っく