SPICE-Kiss

地獄でなぜ悪い

a0242809_10152469.jpg


観終った後に、『あー、おもしろかったー』って言葉が5回くらい連続で口を衝いて出てきました。

地獄でなぜ悪い

やくざの組長(國村隼)が愛妻の夢をかなえるため、娘(二階堂ふみ)主演の映画製作を決意。曲折を経て、映画監督志望の青年(長谷川博己)率いる自主映画製作集団と共に、命がけの実録映画作りになだれこむっていうやくざ映画なんですが、おもいっきしコメディです。


正直前半はちょっとダレ気味だったけど、中盤以降の展開のハチャメチャ度合が半端ない。
むしろあの前半のダルさがあってこその盛り上がり。

やくざ同士、日本刀でバッサバッサ斬りこんでは、腕やら首が吹っ飛び血みどろなんだけど、それが全然嫌じゃないの、痛快で面白い。
観ていて、あ、そうかこれってドリフの笑いに通じるものがあるんだなって思った。

キャスティングも素晴らしいです。 どの役柄も見事にぴったり、どハマりです。
中でも、のび太君を地で行くような星野源が最高に良かった。


この映画、飛行機の中で観なくてよかったわー。
飛行機の中っていつもより多めに笑ってしまいません? きあつのせい? それともわたしだけ?


今年観た映画の中で今のところ一番面白い映画です。
[PR]
by spice-kissed | 2013-10-13 22:07 | シネマナイト☆