人気ブログランキング |

SPICE-Kiss

かまどでクッキング

チキンカレーを煮込んでいる間に、野菜料理を2品
「アールーゴービー」の材料
日本ではこんなに贅沢にカリフラワーを使えませんからインドに来たらカリフラワーは絶対外せません!
a0242809_1839636.jpg

もう一品は、「だいこんとだいこんの葉のサブジ」 
パンジャブで食べた大根は、辛み大根ほどではないが辛みと味わいが日本の普通の大根とは異なりとてもおいしい。
a0242809_18391952.jpg

これらを外のかまどで料理します。
このかまど、ここへ来る途中に偶然見つけて立ち寄った路上のタンドール工房にあったあのかまどと同じものです!
こうして取り付けて使うんですね。
燃料は、牛糞に藁などを入れて円形に丸めて天日干ししたものと木材です。
a0242809_18395674.jpg

アールゴービーを調理中
a0242809_18401055.jpg

続いてだいこんのサブジ
a0242809_18402782.jpg

このかまどではチャパティも焼いてくれました
a0242809_18405380.jpg

その場で伸ばして焼きます
a0242809_1841964.jpg

キッチンに戻るとチキンカレーが完成し、続いてパニールのカレー作りが始まりました。
日本ではパニールの入ったカレーは積極的に選ばない私ですが、それはパニール自体がそこまで美味しいと思ったことがなかったからなんだけど、ここパンジャーブで食べたパニールは味わい、食感、旨みが日本で食べたものとは全然違い、あまりの美味しさにすっかりパニールファンになってしまった。

これで全て完成。
右上から時計回りにチキンカレー、パニールのカレー、だいこんのサブジ、夕がおのライタ、アールゴービー。
それと時間のかかるマトンカレーを事前に用意して作っておいて下さいました。
a0242809_1841319.jpg

最初の盛りつけ。
ここから怒濤のお代わりが始まる。
内臓を余すこと無く使ったチキンカレーに、滋味深い野菜の味わい、それにパニールの甘さとクリーミーさ。
食べる手が一向に止まりません!
渡辺先生はチャパティは8枚(もしかしたらそれ以上)は食べたと言ってましたね(驚) 
a0242809_18414732.jpg

パンジャーブの農家で頂く至福の絶品ランチ、ごちそうさまでした。
a0242809_18415940.jpg


渡辺先生の詳しい解説はこちら→「アールゴービー」 「だいこんとだいこんの葉のサブジ」 「パニール・ブルジ
by spice-kissed | 2013-11-21 22:12 | インド食い倒れツアー2013